記事

韓国政府、ユネスコに日本の世界遺産登録取り消しを要求〜事実を軽んずる韓国政府による歴史への不当な介入を許すな

2/2

韓国政府は22日、ユネスコに軍艦島の世界遺産登録取り消し要求の書簡を送ります。

(関連記事)
韓国外相、ユネスコに軍艦島の世界遺産登録取り消し要求の書簡を送る
6/23(火) 16:02配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/35e4993a0641c2b3b5ad8a7dcc84d0f689c53831

記事によれば、韓国のカン・ギョンファ(康京和)外相は、ユネスコのオードレ・アズレ事務局長に書簡を通じて登録取り消しの可能性の検討を含め、世界遺産委員会で日本から忠実な措置履行をもとめる決定文が採択されるよう、積極的な協力と支持を要請したとあります。

記事は、「日本政府は、軍艦島に関する歴史歪曲と約束不履行の事実を全面否認している」と結ばれています。

まずは大事なことなので、ここまで事実だけ時系列に整理しておきました。

さてです。

日本は世界遺産委員会の決議や勧告を真摯に受けとめ、約束した措置を誠実に履行しています。

もう一度、2015年7月5日に日本がユネスコの委員会にて約束した内容を確認します。

より具体的には,日本は,1940年代にいくつかのサイトにおいて,その意思に反して連れて来られ,厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者等がいたこと,また,第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる所存である。

日本は,インフォメーションセンターの設置など,犠牲者を記憶にとどめるために適切な措置を説明戦略に盛り込む所存である。

日本は2015年の世界遺産委員会で「意思に反して連れてこられ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者」がいたことを認め、当時の徴用政策について理解できるような措置を講じると説明、センターの設置も表明していたのです。。

そしてセンターでは、軍艦島や長崎造船所、八幡製鉄所など登録された23資産について、パネルや動画で解説、「国民徴用令」など「官あっせん、徴用、引き揚げについて理解できる五つの文書」をパネルで列挙しています。

当時の労働者(半島出身者だけでなくです)がたいへん「厳しい環境の下で働かされた」事実も写真付きで説明されています。

また1944年8月から朝鮮半島出身者にも徴用が適用され、一部の労働者が「意思に反して連れてこられた」事実も明確に記されています。

その隣には1965年の「日韓請求権協定」の全文が掲示され、元徴用工らへの賠償問題に関し、この協定で解決済みとの日本側の立場を明確にしています。

その上で、同じ部屋には、元島民らのインタビューも紹介。父が端島(軍艦島)炭鉱で働いていたという在日韓国人2世の元島民が「いじめられたとか、指さされて『あれは朝鮮人ぞ』とは全く聞いたことがない」などと証言しているわけです。

加藤康子センター長は「政治的な意図はない。約70人の元島民へのインタビューで、虐待を受けたという証言はなかった」と説明しています。

つまり、日本は約束を忠実に守っています、日本は世界遺産委員会の決議や勧告を真摯に受けとめ、約束した措置を誠実に履行しているのです。

韓国政府は何とか当時の「軍艦島に朝鮮人労働者差別があった事実」を日本に認めさせたいようですが、そのような「事実」はそもそもないのです。

当ブログは3年前のエントリーで、軍艦島関連で「いつまで日本は韓国による歴史捏造行為を放置し続けるのか?」と問題提起しています、時間のある読者は御一読あれ。

韓国映画「軍艦島」のでたらめ大嘘を検証しておく〜いつまで日本は韓国による歴史捏造行為を放置し続けるのか?
https://kibashiri.hatenablog.com/entry/20170210/1486673929

エントリーの一部を抜粋して引用。

事実として、日本人と朝鮮半島出身者は、戦後この島で20年以上ながらく仲良く一緒に暮らしていたのです。

 当時を知る、宮崎県在住の元坑内員で朝鮮半島出身者や中国人とも働いた松本栄(88)さんは、 朝鮮半島出身者の子供は日本人の子供と同じように学校に通い、机を並べて勉強したと話しています。
 アパート内には朝鮮半島から来た家族も多く入居していたといいます。

 さらに事実をいえば、軍艦島の労働者人口のピークは戦中ではなく戦後に迎えます。

 続々と高層住宅が建てられ家だけでなく、学校、病院、寺社に映画館まで。ただでさえ小さな島に炭鉱施設と都市が共存し、わずか200メートル四方の居住エリアに5千人が暮らします。

 やがて、日本が石炭から石油へエネルギー政策の転換を迎えたことで、昭和49(1974)年、軍艦島は閉山し、住民は島を離れることを余儀なくされるのですが、戦後も長らく半島出身者が家族ごとこの島で日本人と共に働いていたのです。

 この事実はなにを語っているでしょうのか、映画の言う「ここの出来事を記憶する朝鮮人は一人たりとも残してはいけないということです」とのアウシュビッツのような惨劇が戦中展開していたとしてなぜ戦後も半島出身者は日本人と仲良く同じ島で働き続けたのでしょうか。

 戦時中そのような悲劇はこの島では起こっていない、

 戦後も半島出身者は日本人と仲良く同じ島で働き続けた事実から、当たり前ですが普通に考えればわかる単純な事実です。

・・・

韓国政府は人道に反するような強制労働があったとしますが、事実を反映していない主張です。

当時の炭鉱労働がどこでもそうだったように、苛酷な労働条件にあったことはきちんと展示してあります。労働者には日本人とともに朝鮮半島出身の人がいたことも明示してあります。

文化財保護を目的とするユネスコに対し、韓国が史実を曲げた主張を押し付けるのは筋違いです。

国民徴用令に基づき、昭和19年9月以降働いていた朝鮮半島出身者がいたのは事実ですが、韓国側のいうような強制労働ではありません。賃金の支払いを伴う合法的な勤労動員にすぎず、日本人も同じように働いていたのです。

事実を軽んずる韓国政府による歴史への不当な介入を許してはなりません。

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。