記事

「韓国政府からあなたを入国禁止に、と電話が」挺対協と対立した日本人が受けた仕打ち 「挺対協」“嫌韓”を作った組織の30年 #5 - 赤石 晋一郎

1/2

「当事者は“良し”としていないのに『性奴隷』と……」慰安婦支援30年の日本人が見た挺対協の仕打ち から続く

 挺対協(現・「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」)の不実について告発した元慰安婦李容洙(イ・ヨンス)氏の記者会見によって韓国社会は大揺れに揺れている。

 はたして挺対協とはいかなる組織なのか。彼女らの実態をよく知る日本人がいる。

 その女性の名前は臼杵敬子氏という。ライターとして女性問題に関心を深く持っていた臼杵氏は、半生を韓国太平洋戦争犠牲者遺族会を支援するための活動に費やした。90年代から議論が始まった日韓歴史問題を、最も間近で見つめてきた日本人の一人であるともいえよう。

 本連載では臼杵氏から見た、なぜ慰安婦問題が歪んでしまったのか、その真実について回想してもらう。そして挺対協とはどのような組織だったのかを、当事者として批評してもらおうと考えている。(連載5回目/#1から続む/前回から読む)


疑惑の渦中にある尹美香(ユン・ミヒャン)前正義連代表  ©AFLO

「古くて新しい」挺対協のカネの問題

 いま、挺対協やナヌムの家の不透明な会計が韓国メディアを騒がせています。しかしこうした疑惑は90年代から燻っていたのです。 

 1996年6月、元慰安婦16人が青瓦台(大統領府)直属の「民願室」(庶民の陳情を受ける部署)を訪ね、「慰安婦支援団体の募金の使途が不透明だ」と訴えたことがありました。

 こうした状況からわかるように一部の元慰安婦たちの間では、早い段階から挺対協等への不信が芽生えていたのです。つまり慰安婦問題における金銭問題は、古くて新しい問題であったということなのです。 

 私は挺対協が元慰安婦を本当に支援しようと考えていたのか、疑問に思っています。例えばこのようなエピソードがあります。 

 遺族会(韓国太平洋戦争犠牲者遺族会)所属の元慰安婦に姜順愛(カン・スネ)さんという方がいます。彼女は南洋諸島・パラオの慰安所にいたハルモニでした。

 姜順愛さんは日本兵に「舞子」という名前を付けられ、島々の各慰安所を回される形で働かされていました。

 長く慰安所で働いた女性は、子供を産めない身体になってしまうケースが多くありました。6年あまりパラオにいた姜順愛も生涯子供を持つことが出来ませんでした。そのせいか子供のことが大好きで、来日した時も姜順愛さんは日本人の子供を見かけると愛おしい表情で可愛がっていたことを思い出します。 

 彼女はパラオ時代の経験について、こう語っていました。 

「艦砲射撃が激しくなり戦況が悪くなる中で、パラオでは死ぬ思いをしました。ジャングルの中を逃げまどっていた私を、バッと背負ってくれて助けてくれたのが京都出身の金太郎という日本兵でした。兵隊にはいい兵隊と悪い兵隊がいた。韓国人にだって悪い奴もいれば、いい奴もいる。日本人全てが悪いわけではない。だから、戦後世代の若い人たちには戦争責任はないんだよ。」 

 大変な経験をされてきた姜順愛さんですが、素顔は明るくてユニークなハルモニでした。ある時、私は来日した彼女と鳥取に向かいました。すると、いきなり目が宙に浮き始めて、身体が震え出したのです。私が「どうしたの?」と聞くと、「か、神様が降りてきた!」というのです。 

 実は姜順愛さんはムーダンを仕事とする霊能者だったのです。ムーダンとは、日本で言えば霊媒師のようなもので、姜順愛さんは死者の口寄せや、占いをして生計を立てていました。彼女がムーダンであることは、元慰安婦や支援者の間では有名な話でした。 

挺対協のハルモニへの仕打ち

 当時、挺対協の代表だった尹貞玉氏に勝山泰佑さんの写真集(『海渡る恨』)を見せたことがあります。同写真集には姜順愛さんが祭壇の前で話をしている一枚があります。 

 そのページを見た尹貞玉氏はこう驚いたのです。 

「この人ムーダンをやっているの! 占いが出来るのかしら?」 

 驚きました。挺対協は元慰安婦のことを何も知らないのです。彼女らがどのように生活をしているかについて全く関心がないんだな、と私は思いました。 

 姜順愛さんが亡くなったとき、挺対協が葬儀を取り仕切りました。挺対協に協力的だった金学順さんは立派なお墓を立ててもらっています。ところが遺族会所属の元慰安婦だった姜順愛さんは位牌しか作ってもらえなかった。いまも彼女の位牌は共同安置所に雑然と置かれていると聞きます。 

 姜順愛さんは当事者として慰安婦問題の提起に貢献したハルモニの一人です。それなのに、扱いがあまりに酷すぎる。挺対協のやり方は、本当に誠意がないと私は憤りを覚えました。 

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  7. 7

    東京で220人以上の感染 過去最多

    ABEMA TIMES

  8. 8

    アマビエ商標出願 電通の思惑は

    WEDGE Infinity

  9. 9

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  10. 10

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。