記事

「76歳の看板娘」スタバ最高齢パートナーが見つけたおもてなしの流儀

1/2

あなたの職場の「最年長社員」はどんな人だろうか。スターバックスのスタッフで最年長の山田勝子さん(76)は、2019年から週2回、東京都町田市の店舗に立っている。山田さんは「縁があって出会うことができた人との関係は大事にしたい」と働く喜びをかみしめる。連載ルポ「最年長社員」、第6回は「カフェ店員」——。

スターバックスのスタッフで最年長の山田勝子さん(76)

撮影=門間新弥

「かっちゃんと呼ばれるのは小学生以来です」

「戦中派」という言葉はどれくらいぶりに聞いただろうか。

「私は戦中派だから変な言葉遣いでしたらごめんなさいね。こないだも、エプロンを前掛けと言ったり、死語を使うことも多くて」

スターバックス コーヒー ジャパンの最年長パートナーとして働く山田勝子さんは開口一番そう言った。先日も「それって“爪で拾って箕(み)でこぼす”ですよね」と若いスタッフに言うと、怪訝(けげん)な顔をされたという。1943年生まれの76歳、第2次世界大戦中に生まれた。昨年11月から南町田グランベリーパーク店のスタッフとして、フロアでの接客やホイップ作りやコーヒー計量などの仕込み、食器の洗浄や掃除などを行っている(※)。

「かっちゃんはうちの看板娘なんです」

50歳以上も年下の、孫の年齢ほどの社員がそう言葉を挟むと、山田さんは白い歯を見せて笑った。

「かっちゃんと呼ばれるのは小学生以来です。最初はちょっと戸惑いましたが、だんだん慣れてきました」

若いスタッフが多いスターバックスで、山田さんは「かっちゃん」となって、どうして働くようになったのだろうか。

※取材当時

第一印象は「どう見ても20代30代のよう」

きっかけはスカウトだった。

2019年9月末に開催された認知症啓発イベントに、スターバックスはコーヒーブースを出店していた。ブースでは認知症の当事者がバリスタとなって、コーヒーをサーブしていて、山田さんは当事者をサポートするボランティアとして参加していた。

そこにいた町田金森店の店長・林健二さん(49)は山田さんの働きに一目惚れした。

「声の明るさ、動きの機敏さ、気の利き方、どう見ても20代30代のようだと思ったのが第一印象です。山田さんは高校生ボランティアに自発的に明るく指示を与えたり、認知症当事者にもさりげないあたたかなフォローをしていました。一方、『スターバックスさんのご厚意でコーヒーをサーブしています』と私たちを立ててくださることも忘れていらっしゃいませんでした。その細やかな心配りに心をつかまれました」

スターバックスが従業員の行動指針として大切にしていることのひとつが、「自ら考え、行動し、表現する」ことだという。まさにそれを体現しているかのような山田さんの働きぶりに、店長は惚れ込んだ。これは運命であり縁だと思い、声をかけた。

「新しくオープンする店があるので働きませんか?」

2カ月後にオープン予定だった南町田グランベリーパーク店では、幅広い世代や属性の人に働いてほしいと考えていたところだった。

50年間、働いたことがなかったが…

電話番号を聞かれたが、山田さんは、「若いイケメンがおばあさんをからかっている」のだろうと本気にしなかった。だが、翌日すぐに電話がかかってきた。

「一緒に働きましょう」と店長は熱っぽく誘った。

「私の年齢をわかっているんですか」

山田さんはそう言って、断ろうと思った。すると、店長は「冗談ではなく、僕は本気です」と言った。

山田さんは自分のことを必要とされてうれしく思う半面、この年までほとんど働いたことがないために、仕事が務まるのだろうかという不安も抱いていた。しかも若者が多いスターバックスでの接客だ。

スターバックスのスタッフで最年長の山田勝子さん

撮影=門間新弥

「私はほとんど働いたことがありません。それに働くとなったら、髪の毛を染めたり、シワとりしたりしなくちゃいけないですかね」

山田さんが尋ねると、店長は笑った。

「そのままでいいです。ありのままの姿でどうぞ来てください」

山田さんは現在ひとり暮らしだが、2人の子どもと4人の孫がいる。子どもらに相談すると、「いいんじゃないの」と励まされた。「自分が働くことで、地域の高齢者を元気づけられたら」と思い、思い切って引き受けることにしたという。50年ぶりの仕事であった。

夫の介護経験から「今度は自分がお役に立つ番だ」

山田さんは静岡県生まれ、高校卒業後に東京の私大に進学した。卒業後は1年間ほど高校の社会科の教員として働き、25歳で結婚後は専業主婦に徹してきた。

子育てが終わり、趣味のテニスやゴルフ、レザークラフトなど趣味を楽しんでいたある時、夫が急に山田さんにこう打ち明けたという。

「会社に1人で行けないから、明日から一緒について来てくれないか」

長年通い慣れたはずの通勤電車の乗り換え方法が急に分からなくなったのだと不安そうな顔をしていた。その日から毎日、山田さんは夫を会社まで送り迎えをするようになった。さらに夫の症状は悪化し、とうとう仕事ができなくなり、介護生活となった。

スターバックスのスタッフで最年長の山田勝子さん

撮影=門間新弥

「私は専業主婦の時にスポーツや趣味など十分好きなことをして遊んできました。だから、つらいと思うことなく、思う存分に介護に取り込むことができ、主人に恩返しができたのだと思います」

どんな時でも前向きに楽しみたい。そう思った山田さんは重度の認知症であった夫を連れて、山登りに行ったり、バス旅行にも行ったりした。認知症の会にも入り、そのサポートも心の支えになった。

夫は6年前に75歳で亡くなった。それから、山田さんは「たくさん助けてもらったから、今度は自分がお役に立つ番だ」と思い、認知症の当事者や家族のためにボランティア活動を始めた。現在もスターバックスで働きながら、週に1回は参加している。

あわせて読みたい

「スターバックス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  4. 4

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  7. 7

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  8. 8

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  9. 9

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  10. 10

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。