記事

米FRB、たばこ大手やバークシャー子会社の社債を購入


[ワシントン 28日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)が6月中旬までに4億2800万ドル相当の個別企業の社債を購入したことが、28日公表のデータで明らかになった。対象企業には小売大手・ウォルマートやたばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社、バークシャー・ハザウェイの公益事業子会社が含まれた。

FRBは新型コロナウイルス対策の緊急措置として打ち出した社債買い入れプログラム「セカンダリーマーケット・コーポレート・クレジット・ファシリティー(SMCCF)」を通じて、個別企業の社債と社債の上場投資信託(ETF)の両方を買い入れている。今回、個別企業の社債購入の初回分が公表された。

FRBはまた、16本のETFを計53億ドル新たに買い入れた。

社債購入の対象となった発行体は約86社に上り、その半分は6月18日時点で決済を終了し、一部は決済の途中だった。全て、流通市場で購入された。FRBはこれとは別の発表文で、790社以上の発行体が購入対象になる要件を満たしているとしている。

購入対象に含まれた発行体には、新型コロナ感染症治療薬を開発する製薬会社のギリアド・サイエンシズやフォード・モーターを含む自動車大手が含まれた。フォードはFRBが社債買い入れプログラムを打ち出した直後に、信用格付けが「ジャンク級」(投機的水準)に引き下げられた。

最も購入額が大きかったのは、通信大手・AT&Tと医療保険最大手、ユナイテッドヘルス・グループの社債で、ともに約1640万ドル相当を買い入れた。

業界別では、エネルギー業界が全体の約8.45%を占めた。FRBが基準とする株価指数に占める割合を1%ポイント下回った。

FRBの社債買い入れプログラムやその他の緊急措置を巡っては、議会の下院金融サービス委員会が30日開く聴聞会で議員から質問が出るとみられる。パウエルFRB議長も証言する。

聴聞会では、購入対象となった個別社債だけでなく、中小企業の資金繰りを助けるための「メインストリート融資制度(MSLP)」がまだ融資を行っていないのに対し、大手企業が対象の社債買い入れ制度の運用が既に開始しているという点がやり玉に挙がる可能性がある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  3. 3

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  8. 8

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    東京五輪「極めて異常で盛り上がらない」と舛添氏 豊洲騒動めぐり小池知事に苦言も

    ABEMA TIMES

    06月15日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。