記事

中国工業部門企業利益、5月は前年比6%増 半年ぶりのプラス


[上海 28日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した5月の工業部門企業利益は、前年同月比6%増の5823億元(822億8000万ドル)となり、6カ月ぶりに増加に転じた。伸び率は2019年3月以来の高水準を記録。中国経済の回復に勢いが付いてきたことを示し、設備投資や雇用の見通し改善につながりそうだ。

4月は4.3%減だった。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための厳しい制限措置が解除されて以降、中国の経済活動は明らかに改善している。ただ、これまでのところ回復はまだら模様で、感染第2波や世界的なリセッション(景気後退)を巡る懸念を背景に、国内外の需要は引き続き低迷している。

統計局幹部は声明で、5月の利益は増加したものの、新型コロナの感染が続く中、市場の需要は依然として比較的弱いとし「利益改善の持続可能性については、さらなる見極めが必要になる」と述べた。

1─5月の工業部門企業利益は、前年同期比19.3%減の1兆8400億元だった。

5月の利益の伸びは、石油精製、電力、化学、鉄鋼など主要部門の力強い回復が主導した。石油精製部門は前年比8.9%増の116億元。電力部門も10.9%増加し、両部門とも大幅なマイナスを記録した4月からプラスに転じた。

統計局幹部によると、コストへの圧力緩和や利益マージンの改善、刺激策の効果、投資収益の改善が利益の伸びに寄与したという。

国有工業部門企業の1─5月の利益は、前年比39.3%減少した。1─4月は46.0%減だった。

民間セクターの利益は1─5月は11%減。1─4月は17.2%減少していた。

5月末時点の工業部門企業の負債は前年比6.6%増加。4月末時点は6.2%増だった。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  6. 6

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  7. 7

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  8. 8

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。