記事

スマホに洗脳されていませんか?「新聞を読む」を習慣にしよう - 塚本亮

1/2

AI革命、グローバル化、働き方の変化……この地殻変動に対応し、つねに最新でタフに生きるには何を心がければよいのか? その問いに答えてくれるのが、偏差値30台の「落ちこぼれ」からケンブリッジ大学へ進学という経歴を持つ、塚本亮さんの『自分イノベーション』です。ポスト・コロナ時代を生きる、若きビジネスパーソン必読の本書から、ぜひとも実践したい習慣をご紹介します。

逆に「情報弱者」になってしまう

スマートフォン一つで、あらゆるニュースや情報にアクセスできる時代になりました。

(写真:iStock.com/artursfoto)

「Yahoo!ニュース」などのニュースサイトでは、便利なことに、あなたが興味を持ちそうな事象を選択してトップに表示してくれます

「Gunosy(グノシー)」や「antenna(アンテナ)」などに代表される、キュレーションサービスを使っている方も増えているようです。キュレーションサービスとは、ネット上で話題になっている情報やコンテンツを、ユーザーが興味を持つジャンルに合わせて編集、共有、配信してくれるサービスのことです。

さらに、「NAVERまとめ」や「BLOGOS(ブロゴス)」のように、あらかじめ情報を収集・編集したまとめサイトも多く活用され、この数年間で情報収集のあり方が激変しました。

それも影響してか、新聞の発行部数は大幅に減っているといいます。

2000年の発行部数は全国で約5371万部(一世帯あたり1.13部)でした。ところが、2018年には約3990万部(一世帯あたり0.70部)にまで落ち込んでいます(2019年日本新聞協会調査・以下同)。若い世代を中心とした新聞離れは加速しているのが推測できます。

たしかに、今や膨大なデータ量になったインターネットから素早く自分の欲しい情報や関心事にアクセスできることは便利です。もうニュースはネットで十分、という方が大半でしょう。

その反面、スマホやPCに表示されているのは、あなたのクリック傾向をデータとして収集しパーソナライズされた情報であることには気づいているでしょうか。あなたにとって都合のいい主張や論調に焦点が当たった、狭い範囲から収集された情報だけを目にしていることの怖さも理解していなければなりません。

それらのサービスを利用すれば、興味や関心のあるテーマについての知識を深くし、アップデートすることはできるでしょう。しかし、深く掘り下げることはできても、その井戸の幅を広げることはできません。気づいたときには、非常に視野の狭い、情報弱者になっている可能性もあるわけです。

狭い情報の井のなかの蛙、しかも茹でガエル状態です。これではとても恥ずかしい。

あわせて読みたい

「新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  5. 5

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    永寿総合病院の謝罪は必要なのか

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    東京107人感染 知事が緊急会見へ

    ABEMA TIMES

  8. 8

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。