記事

コロナ後、職場や上司と適度な「ソーシャルディスタンス」を取る意外なメリット

1/2

新型コロナウイルスの感染拡大でまたたく間に市民権を得た「ソーシャルディスタンス」という言葉。このソーシャルディスタンス、ビジネスの上では意外と適度な距離感かもしれない、と感じている人も多いのでは? 「感染症の脅威が去ったあとも、上司とのソーシャルディスタンスは続けたい!」という内なる叫び、プロシェアリング(プロ人材のシェア)サービスを運営するサーキュレーション代表取締役の久保田雅俊さんにぶつけてみました。

嫌いな上司には「ソーシャルディスタンス」を有効活用

「満員電車がしんどい」「苦手な上司がいる」「オフィスがイケてない」「勤怠管理が面倒」。コロナ禍で急遽導入されたテレワークは、感染症予防対策としてはもちろん、こうした会社への不満を解消する方法としてもすばらしい効果を発揮したようです。働きやすさという観点から、「ソーシャルディスタンスよ、永遠なれ」と願っている人も少なくないかもしれません。

自宅から取材に応じてくれたサーキュレーション代表取締役 久保田雅俊さん。

しかし残念ながら、今後は多くの企業で出社が前提の旧来のスタイルへと揺り戻しが始まるでしょう。テレワークを推進する企業でも、仕事のすべてをオンライン上で行うのは難しいはずです。ただ、コロナ以前とこれからのWithコロナ、Afterコロナでは、出社時のコミュニケーションのあり方も大きく変わっていくのではないか、と思います。

まず、嫌いな上司には「ソーシャルディスタンス、ですよね!」ときっちり2mを死守すればいいんです。これまでは管理したがりの上司が後ろからPCをのぞき込んできても、「やめてください」とはなかなか言いづらかった。でも、これからはお互いに「ソーシャルディスタンスを守るべき」という共通認識があるわけで、これは大いに使えます。

ただ、注意したいのは、「ソーシャルディスタンス」以上の言葉を用いないこと。「近寄らないでください!」「もっと離れて!」。もしオフィスにこんな言葉が飛び交うとしたら、その場の空気は最悪でしょう。できることなら、ソーシャルディスタンスという言葉も使わずに適度な距離を保てるのがベストです。

さて、あなたが上司の立場で、部下から必要以上に距離をとられていると感じたなら……。つまりはそういうことです。自分の行動が部下に嫌がられている、マネジメントがうまく機能していないと気づかなくてはならない。部下とのコミュニケーションを見直すチャンスです。

適度な距離を取ることによる意外な効用

テレワークの活用、ソーシャルディスタンスの意識などによって変化するのは、物理的な距離だけではありません。大きな変化の一つに、上司が部下を怒れなくなったことが挙げられるだろう、と思います。

オンラインミーティングは、場所や時間にとらわれないメリットがある一方で、表情、所作などのニュアンスが伝わりにくいというデメリットもあります。さらに、注意や指摘したあとのフォローがしづらいことも、この数カ月で多くの人が実感しているところでしょう。顔を合わせて仕事をしていれば、さりげなくねぎらいや励ましの言葉をかけることもできますが、オンラインではそのタイミングが難しい。出社型の勤務に戻っても、ソーシャルディスタンスを意識すれば、やはり業務外でのコミュニケーションの機会は減少していくでしょう。

上司に強く言われることが減るということは、自分で気づいて改善しなければいけない、ということを意味します。それができれば、この変化は成長のチャンスに変換できます。ソーシャルディスタンスは「個人個人が自律的に働き、成長するためのほどよい距離」となるかもしれません。これまで苦手だった上司、同僚とも、一定の距離感を保ってコミュニケーションをとることで、お互いのよさに気づくこともあるでしょう。

2m離れていたとしても、声は届く。表情は見えて、所作もわかる。上司は後ろからPCをのぞいて「ちゃんとやってるか」を確認することはできなくなるけれど、部下の仕事への姿勢、温度感は感じ取ることができる。純粋に成果物で評価することが当たり前になる。ソーシャルディスタンスを保つなかで、関係性についての新しい発見がきっとでてくるはずだ、と思っています。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  3. 3

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  6. 6

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

  7. 7

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  8. 8

    原則自宅療養の方針に橋下徹氏が懸念「国と地方で責任の押し付け合いがはじまる」

    橋下徹

    08月03日 21:37

  9. 9

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

  10. 10

    一部の声を最大公約数のように扱うメディアに「報道の自由」をいう資格はない

    鈴木宗男

    08月03日 20:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。