記事
  • ヒロ

コロナのもたらす心理的影響

1/2
テニス世界一位のジョコビッチ選手自らが主宰したチャリティーテニスイベントとその関連の集まりで本人を含め多数の陽性が判明した報道には驚きました。記事によるとほとんど感染予防を取っていないかったようでジョコビッチ選手の軽率という以外の何物でもありませんでした。

世界ではプロスポーツイベントがそろりそろりと再開しつつありますがほとんどは無観客で進められています。非常に厳しい環境にあると思います。テレビ越しに見られるとしてもスポーツバーやパブリックビューイングで「盛り上がる」ことができないのが最も残念なところである意味、プロスポーツ選手がスポーツの精神というよりエンターテイナー的なポジションになりやしないか心配であります。

日本の報道を見ていると国内旅行客が一気に増え、街を歩く人で混雑しているのを見ていると当地とは隔世の感があります。というのはバンクーバーを含め北米ではどうも人が街に戻ってきて活況になる雰囲気がないのです。確かにオフィスにも人は増えてきていますし、多くのサービスは受けられます。カフェの外の席には多くの客がいるのも目にします。それでも皆基本は家から何かをしているケースが多いようです。

当地の飲食店も再開していますが、客はまばら。従業員は手持無沙汰というケースは多く、人々が三密を積極的に避けているのは明白で日本を含むアジア圏はあれだけ密なのに比較的感染者が少ないのに比べ圧倒的差異があります。

今後のことについては何とも申し上げられませんが、仮に収まったとしても人々のメンタルに植え付けた恐怖心はアジアに比べて欧米の方がはるかにシビアで相当の警戒心が当面の間維持されるのではないかと推測しています。トランプ大統領の選挙集会がガラガラだったのは民主党が邪魔したというより本当にコロナを怖がっていたとみるべきなのでしょう。

さて、都知事選が始まっていますが、主要候補者の多くはオリンピックは来年開催できないとみているようです。小池氏は簡素化して開催、宇都宮、山本各候補は中止、小野、立花各候補は2024年まで延期となっています。小池氏は現時点で中止とは言えないと思いますので仮に再選すれば、現時点で簡素化、そして秋の状況を見て更にブレーキをかけるか、そのまま突き進むか決めるのだろうと思います。

個人的にはバッハ会長が言うように来年がなければ中止になるとみていますので小野、立花氏の選択肢はないと思います。では、おまえはどう思うのか言われると正直、暗雲が立ち込めているという気がしています。海外がコロナに関して思った以上にコンサバであり、その時の状況次第では選手をはじめ、各方面から批判とクレームの嵐になることも覚悟しなくてはいけません。また冒頭のジョコビッチ氏の失態は心理的に影響しそうな気がします。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  10. 10

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。