記事

サザンオールスターズが50万人を魅了、無観客配信ライブで見せたバンドとエンタメの底力

1/2
サザンオールスターズの桑田佳祐(Photo by 岸田哲平)

サザンオールスターズ初の無観客配信ライブ『サザンオールスターズ 特別ライブ2020「Keep Smilin~皆さん、ありがとうございます!!〜」』が42回目となるデビュー記念日、6月25日に横浜アリーナにて開催された。今回のライブ、開催告知がされたのは約半月前の6月9日。急きょ決定したライブであることがこのことからもよくわかる。

ライブ当日、取材陣は横浜アリーナではなく、所属レコード会社の会議室に集まり、長机1台につき1人というソーシャルディスタンスを保った状態で着席し、前方に設置されたスクリーンを見つめながら配信がスタートするのを待った。こういう形でライブレポートを書くのはもちろん異例。若干の戸惑いはあったものの、それ以上にセットリストや演出が気になって仕方がない。特に演出に関してはどこまで派手なものになるのか、通常よりも控えめなものになるのか非常に気になっていた。これはファンだけでなく、音楽業界関係者も固唾を呑んで注目していたはず。このライブが今後の日本のエンタメの新しい形を築いていく上で大きな手本のひとつになるからだ。

●ライブ写真を見る

配信は定刻を10分過ぎたあたりからスタート。客席にはスタッフ以外誰もいないという異様な光景が映し出され、視聴にあたっての注意が影アナによって告げられたあとに暗転。あからさまにSEだとわかる歓声(これはライブ中も曲の前後やMC中に挿入されることになるのだけど、意外にもかなり効果的だった)が大所帯のバンドメンバーを出迎える。桑田佳祐は首の左にキスマークのメイクつき。

1曲目に鳴らされたのは「YOU」。そこから「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」「希望の轍」と日本が誇る名曲が立て続けに放たれていく。とてつもなく豪華なセットリストに早くも膝から崩れ落ちそうになった。「希望の轍」のCメロでは歌詞を「大変な毎日をご苦労様 今日は楽しく行きましょう」と変えて披露するという特別仕様。

MCでは、デビュー42周年にあたっての感謝の言葉をファンやスタッフへ伝え、今回のライブの意義を改めて語る。そして、「姿は見えないけど皆さんの魂がここにはあります」と締めくくったあと、桑田が「それでは、最後の曲です」と冗談を飛ばすとしっかりとSEでブーイングが飛んでくる。こういう芸の細かさがいい。ああ、そう言えば、目の前に観客はいずとも「スタンドー! アリーナー!」は健在。呼びかけられるエリアごとに空席が映し出されるのがシュールで笑えた。

セカンドブロックは「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」「フリフリ65」とロックンロールをかき鳴らした後、歌謡ナンバー「朝方ムーンライト」につなぐというサザンらしい振り幅で飽きさせない。原由子のコーラスも耳に心地いい。「シャ・ラ・ラ」で聴かせた複雑なコーラスワークも見事だった。

自粛期間が長く続き、思うようなリハもできなかっただろう。しかし、蓋を開けてみればこの安定感。演奏も含めてまったく危なげがない。未曾有の異常事態においてもなお、42周年を迎えたバンドの底力を見せつけるという結果になったのだ。というより、サザンオールスターズというバンドはこの42年間、ずっとすごかった。このライブはファンやスタッフ、エッセンシャルワーカーといった様々な人たちへ感謝を示すことや、エンタメの新たな形を提示することが大きな趣旨ではあるが、世の中がどんな状況になっても自分たちは全力でカマし続けるという宣言でもあったのだろう。

「天井桟敷の怪人」からはダンサーも登場。さらに、ステージにシャンデリアが現れ、スクリーンに映し出される映像の前で女性ダンサーがタンゴを舞う。続く「愛と欲望の日々」ではダンサーの数が一気に増え、ステージ前方では炎が揺らめく。演出にもまったく抜かりがないどころから、曲を重ねるごとにド派手になっていく。

映像面では無観客ならではの工夫が見られた。通常のライブでは配置されないような位置にカメラがあるのだ。まず、センター席最前列に鎮座する大型クレーン。こんなカメラ配置は通常のライブで見ることはまずない。あったとしたらクレームの嵐だ。だが今回は無観客。このカメラのおかげでどのアーティストのライブ映像でもお目にかかることのないカメラワークを楽しむことができた。特に、引き画から桑田の正面にグッと迫っていく流れはライブ映像としては非常に新鮮だ。もうひとつは頭上に吊るされ、縦横無尽に動き回っていたフライングカム。普段は観客の安全面を考慮して、この会場で使われることはないそうだが、今回はこのカメラが大活躍。客席からステージ上へとすごいスピードで画が動いていく様子はちょっとしたアトラクションだ。


Photo by 岸田哲平


Photo by 岸田哲平

「真夏の果実」では、センター席も含めた全座席に2つずつ設置された、遠隔操作によって光を自在にコントロールするリストバンド型ライトが光ったり、「東京VICTORY」では火がともされた聖火台がセンター席のど真ん中に現れるという驚きの演出も。「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」ではリストバンド型ライトが再びド派手に場内を照らし、本編最後の「勝手にシンドバッド」では特効の銀テープとともにセンター席に現れた大量のダンサーがめちゃくちゃに踊りだし、さらにステージには防護服を来たカメラマンまで現れる始末。これには声を出して笑ってしまった。

あわせて読みたい

「サザンオールスターズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  6. 6

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  7. 7

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  10. 10

    米政権が感染拡大で医師に怒り

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。