記事

「生きづらさ」の根源をもっと深く突き詰めてみる

1/2

生きづらいのは「資本主義」や「自由主義」のせいなのか。 | Books&Apps
 
『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』を読んでくださり、ありがとうございました。また、それに関連して生きづらさについてご意見をいただきました。
 
「役割が減った」という見方で語れる生きづらさも、あるでしょう。「アイデンティティの確立が難しくなった」で語れる生きづらさがあるのと同じように。
 
このreplyに相当する文章では、前半で『健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて』の趣旨に沿ったかたちで「いやいや、でも資本主義は2020年現在、人を救うより疎外してませんか」と語ったうえで、後半ではそこを超えた地平をこえて「生きづらさ」の根源について考えていきたいと思います。

いやいや、グローバル資本主義、新自由主義は生きづらいっしょ

現代社会は、資本主義や個人主義や社会契約が非常に浸透し、制度やテクノロジーによって裏付けられた時代です。少なくとも有史以来、それらの思想と裏付けがここまで社会に徹底した社会は存在しません。COVID-19の後に巨大な動乱が起こらずに済むなら、40年後の社会ではもっともっと資本主義や個人主義や社会契約が浸透し、結果、アフリカ諸国でも少子化が始まっているかもしれませんが、私が思うに、このような体制のままで日韓中やヨーロッパ諸国がやっていけるとは、あまり思えません。
 
ときに、資本主義が諸制度と結びついて豊かな一時代を国や地域にもたらすことはあります。
 
20世紀はじめ~中頃のアメリカなどはその好例でしょう。資産家や起業家だけが豊かになれたのでなく、大勢の人が自分の家を持ち、自分の家族を養い、次の世代に希望をつなぐことができました。世界大恐慌という汚点はあったにせよ、20世紀のアメリカはたくさんの人が豊かになり得る社会でした。高度経済成長期~バブル崩壊までの日本も"一億総中流"という物言いがでてくるぐらいには豊かでした。
 
また、資本主義だけの恩恵というわけではありませんが、

私が、大して儲からない零細企業をやっている一つの理由は、世の中に「役割」を作りたいからだ。
また、個人的に、副業やフリーランスの方々を応援するのも、そのような理由からである。

安達さんがbooks&appsというメディアを運営し、社会の一隅(いちぐう)を照らしてらっしゃる*1背景には、現代の資本主義の仕組みに加えて、高度に発展した社会契約とそれを支える制度とテクノロジーがあるでしょう。書き手としての私がbooks&appsに参加させていただき、理念にシンパシーを感じるのは、まさにここがインターネットの書き手がブログの時代に培った面白さのある部分を掬い取るメディアであろうとしていること、加えて「役割」を創出されているからですが、安達さんをしてbooks&appsを運営させている背景には、やはり、資本主義や個人主義や社会契約と、それらを高度に成り立たせている秩序、または体制あってのことと思っています。
 
こうした恩義恩恵とはまた別のところでは、資本主義とその体制によって大勢の人が苦境に立たされていたり、豊かさにアクセスする可能性をも奪われている、といった話もよく耳にする時代です。

チャヴ 弱者を敵視する社会

  • 作者:オーウェン・ジョーンズ,Owen Jones
  • 発売日: 2017/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

イギリスで新自由主義が広まるなかで、貧富の差は決定的になり、労働者階級は単に定収入というだけでなく、労働者階級としてのライフスタイルや矜持まで失ってしまった、と『チャヴ』の筆者は記します。労働者は労働者のままで生きて構わないのでなく、ニューレイバーという上昇志向的な新しい労働者であるよう期待されるようになりました。上昇志向を持たず、旧来の労働者階級としてのライフスタイルや矜持をもって生きる道はなくなり、上昇志向を持たない者は社会のお荷物とみなされるのだそうです。
 
私は、この『チャヴ』の筆致が攻撃的すぎて好きではないのですが、そのことを差し引いても、資本主義や個人主義が加速し、それを社会契約の論理が後押しする社会の極致を『チャヴ』のうちにみるような気がします。『チャヴ』で描かれる資本主義・個人主義・社会契約のありかたは、ただ皆がお金や地位を求めているといったイージーなものではなく、皆がお金や地位を求めなければならず、そのような心性を強制インストールされるようなハードなものとみずにいられません。
 
『「武器」としての資本論』の筆者はこうした心性までもが資本主義化していくありかた、新自由主義的なありかたについてこう評しています。

武器としての「資本論」

  • 作者:白井 聡
  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Kindle版

 だが、新自由主義が変えたのは社会の仕組みだけではなかった。新自由主義は人間の魂を、あるいは感性、センスを変えてしまったのであり、ひょっとするとこのことのほうが社会的制度の変化よりも重要だったのではないか、と私は感じています。制度のネオリベ化が人間をネオリベ化し、ネオリベ化した人間が制度のネオリベ化をますます推進し、受け入れるようになる、という循環です。
 ですから、新自由主義とはいまや、特定の傾向を持った政治経済的政策であるというより、トータルな世界観を与えるもの、すなわちひとつの文明になりつつある。
『「武器」としての資本論』(強調は原文より)

こうした新自由主義という、この資本主義が極まりすぎた(にもかかわらず、個人主義と社会契約が極まった資本主義を修正するというよりむしろ正当化してやまない)社会の状態は、イギリスだけでなくアメリカや韓国でも顕在化していて、程度こそ違いますが、フランスや日本や台湾でも起こり始めているものです。また、『「武器」としての資本論』の筆者は、資本主義(あるいは資本制)についてこんなことを述べています。

 これから説明していくように、資本はとにかく増えること、ただひたすら量的に増大することを目的にしています。その他のことはどうでもいいのです。「増えることによって、人々が豊かになる」ことは資本の目的ではありません。人々が豊かになるかどうかはどうでもいいことであって、増えることそのものが資本の目的なのです。資本主義の発展によって人々が豊かになるとすれば、それは副次的な効果にすぎません。
『「武器」としての資本論』(強調は原文より)

以前から私も、資本主義とは資本が自己増殖すること自体が主であり、人類を幸福にしたり不幸にしたりするのは従ではないか、と疑っていましたが、『「武器」としての資本論』の筆者さんもそのように捉えているようです。そして新自由主義化した社会とは、政府も制度も人の心も資本主義に乗っていく・乗っていかざるを得ない社会ですから、資本の自己増殖を止める術も、それを人類の幸福のための大枠に戻す動機も、あまりなさそうな気がします。
 
私は、資本主義が人類史のなかで必ず悪者だったとは思いませんし、たとえばbooks&apps、たとえば数年前までのブログの世界、たとえばリタリコのような新しい福祉企業などは、資本主義の仕組みに乗りながら新しいものを生み出し、人に役割やアイデンティティを与える新しい場となっている一例として挙げたくなります。
 
そういった個々のトライアルには感謝する一方で、『チャヴ』で描かれるように人類社会全体は新自由主義的に資本主義のアクセルを全開にしているわけで、危機感を捨てるわけにはいかないとも思っています。
 
また、資本主義は、基調としては役割やアイデンティティを与えるより剥奪することが多いのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  5. 5

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    帰省大丈夫? お盆迫り厳しく追及

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。