記事

次期戦闘機

2020.06.27

航空自衛隊は、これまでF-4、F-15、F-2という三機種の戦闘機を運用してきました。
 
そのなかでF-4戦闘機は2020年度に全て退役し、F-35に置き換わります。
 
F-35戦闘機は、高いステルス性を誇る最新鋭の第五世代戦闘機であり、日本が導入するのは、F-35Aと短距離離陸・垂直離陸ができるF-35Bの二機種です。
 
また、F-15戦闘機は約70機について能力向上させる改修を行い、継続して使用します。
 
F-2戦闘機は2035年度頃から順次退役していくため、その後継となる戦闘機(次期戦闘機)が必要になります。
 
次期戦闘機は国際協力も視野に入れながら、日本主導で開発をしていきます。
 
将来的には、F-35、F-15能力向上機、次期戦闘機の三機種で日本の空を守ることになります。
 
このうち次期戦闘機は、航空優勢を獲得するため、主として空対空戦闘を行うことを想定しています。
 
そのために必要な能力・性能と日米で共同対処するために必要なインターオペラビリティを確保することが必要です。
 
次期戦闘機には以下の性能が求められます。
-航空自衛隊や米軍の航空機に加えて、海上自衛隊や陸上自衛隊の装備品とネットワークで連携して戦う能力
 
-高いステルス性と探知性能に優れたセンサー
 
-各種の妨害を受けながらも電子戦を継続できる能力
 
そして、将来にわたって一線級の能力を発揮するために必要な能力向上の改修を自由に行えること、また、そのための拡張性の確保が必須です。
 
現在、米国や英国との共同開発を視野に入れて、開発方法を検討しているところですが、2020年の12月末までに、その枠組みを決定することとしています。
 
防衛装備庁に、装備開発官(次期戦闘機担当)というポストを新設しており、航空自衛隊の空将補を充て、設計のとりまとめなどを行っていきます。

あわせて読みたい

「航空自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  5. 5

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  8. 8

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  9. 9

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  10. 10

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。