記事

【読書感想】「山奥ニート」やってます。

1/2

「山奥ニート」やってます。
作者:石井 あらた
発売日: 2020/05/20
メディア: 単行本(ソフトカバー)



「山奥ニート」やってます。
作者:石井 あらた
発売日: 2020/05/20
メディア: Kindle版

ひきこもりとなって大学を中退し、ネットを通じて知り合ったニート仲間と2014年から和歌山の山奥に移住。以来、駅から車で2時間の限界集落に暮らしている。月の生活費は1万8000円。収入源は紀州梅の収穫や草刈りのお駄賃など。インターネットさえあれば、買い物も娯楽も問題なし。リモートの可能性をフル活用し、「なるべく働かず、面倒くさい人間関係から離れて生きていく」を実現したニートが綴る5年間の記録。

 著者の石井あらたさんは、2014年から、和歌山県の山奥の限界集落で暮らしているそうです。

 僕が住んでいるのは、最寄り駅から車で2時間の山奥です。
 もちろん周りにお店はありません。徒歩圏内に住んでいるのは5人だけ。
 それも爺さん婆さんばかりで、平均年齢は80歳を超えます。
 そんな限界集落に、平屋建ての木造校舎があります。小学校として使われていたのはもう何十年も前のことです。
 ここに、15人の若者が暮らしています。年齢は10代から40代。女性もいます。
 僕はそのうちのひとりに過ぎません。
 全員、元はここに縁もゆかりもなかった人たちで、全国各地から別々に集まってきました。
 始まりは、ひとりの爺さんの夢です。
 過疎が進む自分の故郷に、ニートやひきこもりなど社会に居場所がない人を集めて、共同生活をさせる。
 僕はそれに共感して、その第一号になることにしました。

 「山奥での暮らし」というと、自然が豊かな環境で、自給自足に近い生活をして、電化製品に頼らずにのんびり暮らす、というイメージなのですが、著者は、そんな外部の思い込みを否定します。
 住居は昔小学校だった建物に家賃タダで住んでいるのだけれど、電気代や食費は住人1人あたり月18000円を徴収しています(どうしても払おうとしなかった人を「追放」した、という話も出てきます)。
 また、買い物は食料品などは車で街に出かけ、まとめて買うけれど、嗜好品はAmazonを利用するし、インターネットは外部への情報提供や新たな住人の募集に欠かせないツールとなっています。
 野性の動物を捕まえ、解体してその肉を食べる話や野菜をつくるエピソードも出てきますが、自給自足には程遠い生活です。
 ものすごくシンプルにいえば、「山奥に住むことによって、家賃による支出を極限まで減らして生きるのに必要な経費を少なくし、なるべくイヤなことはしないで自由に過ごせる環境を手に入れた」とも言えるのです。

 僕らの生活費は1日600円だ。
 600円のお菓子を買うことで、ニートできる期間が1日少なくなるかもしれない。そう考えると、無駄遣いできなくなる。
 結果、「別にお菓子なんか買わなくてもいいや。家に帰ったらごはん食べられるんだし」となる。
 ちなみに、アーリーリタイア先として人気があるタイのひとりあたりの家計支出の平均は1ヶ月2万4600円(Thailand Household Expenditure per Capitaより)。
 これは現地の人の生活費の平均なので、日本から移住した場合は基本的にこれより高くなるだろう。
 物価の安い海外に移住するより、日本の山奥で暮らしたほうが安い。
 英金融大手HSBCホールディングスが2019年に発表した「働きたい国ランキング」では、日本は33ヶ国中32位だった。
 日本は働くには大変な国だ。
 収入は他国と比べて多いわけじゃないのに、どんな小さな仕事にも完璧が求められる。
 でも、代わりに食べ物は安い。治安もいいし、インフラも今のところ整ってる。

 日本全体の人口が減ってきて、コンパクトシティ化を目指している自治体も多いのに、あえて「山奥に住む」というのは、インフラにかけるお金を無駄遣いしているのではないか、という批判があることも著者は述べています。

 とはいえ、効率化のために、対人ストレスをため込むような生活をするよりは、山奥でのんびり暮らしていったほうが、医療費とか生活保護などに必要なお金を考えると、、幸福で安上がりな人もけっこういるのだろうな、と、この本を読んでいると納得せざるをえないのです。

 ただし、「山奥ニート」だからなんでもあり、何もしないでゴロゴロしていればいい、というわけではなくて、当番が決められているわけではないものの、月に何度か食事の準備をすることや食後の片付け、地域の人々に協力すること、1ヶ月あたり18000円の電気代、食費などを含む共益費を支払う、というルールに従うことが求められてもいるのです。

 「働けない人」が山奥でニートとして生活している、というよりは、「都会で通勤ラッシュに耐えながら毎日職場に行く、という働き方に不向きな人」の中に、山奥でのゆるやかな共同生活には向いている人がいる、というだけのことのようにも感じました。

 日本は長年経済成長が停滞しており、諸外国からは「物価、とくに食べものなどの生活必需品が安い国」と認識されるようになってきています。
 そんな日本では、「流行を追う」「最新のものを求める」ことを諦めれば、生活や娯楽に使うお金を驚くほど節約できるのです。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。