記事

感染再拡大防止に背を向ける安倍首相と小池都知事

1/2

27日、東京都で一日の新規感染者数が57人となり、緊急事態宣言後の最多を更新した。このまま無策でいれば一日当たりの新規感染者数が100人を超えるのは時間の問題だろう。

東京都の小池知事は、感染者数の拡大は夜の街の関係者を含む積極的な検査の結果が一因にあると弁解している。しかし最大の原因は (1).東京都の緊急事態宣言解除が時期尚早だったこと、(2).感染者が増えて都が「東京アラート」なるものを発動したにもかかわらずすぐにこれを解除し「ステップ3」に進むなど、国と都が経済活動再開に重点を置くあまり感染拡大防止に手を抜いたことだろう。東京都での感染拡大の責任は安倍首相と小池知事に責任がある。私は、経済活動規制(自粛要請)に関する指標の厳格化、感染の抑え込みへの具体的な目標の再定義と行動計画、罰則を持った規制強化が必要だと考える。そして、これらの実行に本気で取り組む姿勢が見えない安倍・小池両氏は行政のトップにふさわしくないと考える。

都における新型コロナコールセンター相談件数は増えていないとの意見があるものの、PCR検査陽性率は徐々に上がってきている。また、神奈川県以外でも東京都への通勤者数が多い埼玉県・千葉県は感染者数が増え始めている。東京通勤圏内で市中感染者は再び増加しつつあると見るべきだ。経済活動と感染拡大防止を両立する必要があるのは理解できるが、問題なのは、感染が拡大しても政府(国や地方自治体)が ①.経済活動自粛要請の目安となる指標に対して恣意的な解釈を行っていること、②.感染の抑え込みに対して具体的な計画を持っているようには見えないこと、③.強制力を伴った規制の導入がまともに検討されていないことである。

①に関しては、国は、緊急事態宣言解除の目安の一つとして「1週間単位で新規報告数が減少傾向にある」ことを挙げながら、5月24日に都の新規感染差者数が前日から12人増の14人に増えたにもかかわらず、翌25日に8人と10人以下になったらすぐに緊急事態宣言を解除した。東京都は、6月11日に、新規感染者が22名で増加傾向にあるにも関わらず、「直近1週間平均で1日当たり20人未満」だからという理由で「東京アラート」を解除した。その後明らかに感染者が増加しているのも関わらず、積極的な検査を行っているから感染発覚者が増えたなどの言い訳をして「東京アラート」の再発動も行っていない。

経済活動規制(自粛)の指標の厳格化が必要であり、規制の解除に関しては、直前1週間内の平均が目標数値を下回っていることだけではなく、直前3日間の移動平均値が減少し続けている事、解除決定日の数値が目標数値を下回っている事を要件に加えるべきだ。さらには具体的な指標に対して「総合的な判断」を適用するのは禁止すべきだ。総合的な判断を行ったから基準となる複数の指標を設定しているのであり、その一つでも否定するのならばそもそもその指標には妥当性がなく自己否定である。指標の値が厳しすぎるのであれば変更すべきだ。以上を適用して指標の厳格化を行えば政治家が恣意的な解釈を行う余地は減少する。もちろん現状でも、直近7日間平均新規陽性者数が1日あたり50人という都の自粛再要請の基準を適当な理由をつけて反故にすることは許されない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  6. 6

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  7. 7

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。