記事

オール巨人が生で見たサンド、ミルクボーイのM-1伝説

大御所は若手芸人をどう見ている?(時事通信フォト)

サンドウィッチマンはM-1で夢を掴んだ(時事通信フォト)

 2000年代以降、数々の売れっ子芸人を輩出してきた漫才師No.1を決める大会『M-1グランプリ』。長年にわたり審査員を務めてきたオール巨人(68)が、その功績について語った。

 * * *

 M-1では数々の伝説が生まれました。その中でも僕がいちばん印象的なのは、やっぱり2007年のサンドウィッチマンですね。

 その年、第7回大会で、僕は初めて審査員を務めたんです。そして、敗者復活から上がって来たのがサンドウィッチマンでした。衝撃でした。吉本の芸人でもなかったので、まったく知らなかったんです。こんなコンビがおったのかと。

 声といい、構成力といい、間といい、ほぼ完ぺきでした。僕はそのとき「何で彼らが決勝の舞台に、敗者復活でなしに、残ってへんのかな」とこぼしてしまった。そうしたら、ネットで「M-1はやっぱり吉本びいきなんや」みたいに書かれて。

 巨人師匠がこう言っとったから間違いないみたいに(笑)。そんな意味で言ったわけではないんですけどね。

 埋もれた才能を発掘するのは、M-1創設の目的の1つです。サンドウィッチマンは見事にはまりました。M-1をきっかけに超売れっ子になりましたから。若手がM-1に人生をかけたくなるのもわかります。

 昨年の王者・ミルクボーイも、まさにM-1ドリームでしたね。嬉しかったのは、漫才は言葉だけでもこれだけ笑わせられるんや、と証明してくれたことです。

 今の漫才は動きが大きいでしょう? でも二人はマイクの前からほとんど動かないし、表情も控えめです。僕らの世代の漫才師は、ラジオでやっても笑えるのが漫才だという意識が強いんです。

 ラジオだと表情やリアクションのおもしろさは、伝わらないじゃないですか。だからこそ、言葉の芸を突き詰めていくわけです。

 第1回大会で中川家という、関西のしゃべくり漫才の王道をいく漫才師が優勝して、その間、いろんなタイプの漫才師が誕生し、一周して原点に戻って来たような感覚になりました。

●聞き手/中村計

※週刊ポスト2020年7月3日号

あわせて読みたい

「M-1グランプリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  2. 2

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。