記事

県外移動解禁後も羽田空港に人が少ない衝撃!旅行・観光・運輸発の大不況の恐れも



6/19に県外移動が解禁になった。

6/23に3ヶ月ぶりに羽田空港から飛行機に乗ったのだが羽田空港がまるでまだ自粛期間のように閑散としていて衝撃だった。



平日朝8時。
まだ朝早めとはいえコロナ前なら出張ビジネス客がわんさかいる時間帯だがほとんどみかけない。

平日でもリタイア世代の日本人観光客や外国人観光客で賑わっていた空港もほとんど観光客らしき人を見かけない。



お客さんが少ないので飛行機は欠航だらけ。
お客さんが少ないので朝からやっている店は少ない。
コロナ前なら営業していたのに。



ターミナルの半分は閉められている。
お客さんが少ないからだ。
荷物検査もほとんど並ばず。
まるで活気のない空港に驚いた。

まだ6/23だったからかもしれない。
平日だったからかもしれない。
これから徐々に増えていくとは思う。

でも緊急事態宣言が解除されてから1ヶ月も過ぎ県外移動も解禁されているのにここまで人がいないとは 思いもしなかった。

確かに今まで無駄な出張が多過ぎて別に出張しなくてもオンラインでいいよねと見直した企業も多いのかもしれない。
でもそれにしても空港に人が少ない。

夏のイベントは中止が相次ぎ大規模コンサートなどもできる状況にないためイベントやライブのために移動する人はこの先も少ない。

修学旅行なんかもとりやめになっているところが多いとそうしたニーズも今後も見込めない。

だからこそ観光は今がチャンス。
外国人観光客がほとんどいないので国内観光地はほとんど人がいなくて快適に観光ができる。

でも今、観光や旅行にという人はまだまだ少ないようだ。



行った先の京都駅の人の少なさも驚きだった。

(写真は6/26の午後)
外国人観光客や修学旅行客や一般旅行客で毎日が「観光公害」だった大混雑の京都も今はかなり少ないのではないか。



大阪の観光地、通天閣のある新世界にも行ってきたがやっている店は少なく夜、早く閉まってしまう店もあり寂しい印象だった。

(写真は6/24の夜20時頃)

まだコロナ第二波がきていないのにコロナ明けにお客さんが戻ってくるのではと期待した旅行も観光も運輸もすさまじい経済的大打撃を受けている。

正直ここまでとは思わなかった。

コロナが終わってもお客さんが戻らない旅行・観光・運輸業からはじまる大不況が起きる可能性がある。

「私はそうした業種だから関係ない」ではないのです。
観光関連の人が前年比何割も減になればお金を使わなくなる。物を買わなくなる。

下手したら支払い予定のものを支払えなくなる。
それがまわりまわって全業種に波及する。

北海道・旭川の観光スポット雪の美術館は営業再開したもののお客さんが少ないため6月末で閉館を決めたという。

行きたいと思っていたところがもう二度といけなくなってしまう可能性もある。

個人観光客が行ったところでたいした応援にはならないかもしれないけれど旅行好きの方、海外にいけない今ぜひ空いている国内観光旅行を。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。