記事

開幕3連敗の阪神は誰を大黒柱にしたいのか - 広岡達朗

1/2

6月19日から始まった巨人との開幕戦で、阪神が3連敗した。第1戦は西勇輝が力投したものの、第2戦で11点も取られたのでは伝統の一戦が泣く。

3連敗の阪神を見て私が疑問に感じたのは、昨年おもに4番でサードを守った大山をベンチに置いて、なぜ2年目のマルテを使ったのか、ということだ。

サードは生え抜きの大山を使え

私も監督経験が長かったので、選手起用については監督しかわからないチーム事情があることは知っている。だが阪神の関係者によると、「マルテのほうが大山より守備が上なので使った」という。

大山は3年目の昨年、初の全試合出場で正三塁手を務め、本塁打14、打率.258だった。前の年より打率が落ち、シーズン終盤には当時の新外国人・マルテに4番の座を奪われたが、今年は4番・サードの奪還をめざしている。

たしかにマルテは大リーグ経験があり、選球眼のいい実戦的な選手である。だが、昨年やっと4番に定着しかけた大山が守備力でサード争いに負けたのなら、監督は守備コーチに「何をやっているのだ」と怒れ。監督にはコーチに「こういう理由で、大山を使わないとチームとしてなりたたない」という信念がほしい。

阪神は巨人とともにプロ野球を牽引する伝統ある球団として、長い目でチームの主砲を育てなければいけない。外国人選手はメジャーで通用しないから韓国や日本に短期の出稼ぎに来ているのが現実だ。選手の好不調で目先の勝利を追うのではなく、将来を見据えたチーム作りと選手育成を忘れてはならない。

コーチはボーアを指導しろ

阪神の3連敗で目立ったのは新外国人の大砲・ボーアだった。193センチ、122キロの巨漢は大リーグ6年間で本塁打92の実績を持つが、4番でスタートした開幕3連戦はノーヒット。ショートの坂本が二塁ベースの後ろ近くに構える「ボーア・シフト」にかかり、リリーフの左腕投手にきりきり舞いする弱点もさらけ出した。

これではメジャーで生き残れないはずだが、私は彼だけを責める気にはなれない。

左打ちのボーアだけでなく、阪神打線はみんな引っ張っている。打撃コーチが悪いのだ。教え方が間違っている。野球は投手が投げてくるコースに打ち返すのが基本。真ん中はセンターに、右打者の外角は右方向に打てばいい。

なんでも引っ張るボーアも悪いが、その欠陥があるなら打撃の基本を教えてやらないコーチが悪い。ボーアが気づいて修正したら、相手もシフトが敷けなくなる。このままコーチが放置すれば、せっかくボーアの前にチャンスがきても、左投手が出てきたら万事休すだ。

問題はまだある。これは阪神だけではないが、外野手はなぜ目的のベースに向けて直接投げず、中継の内野手に向かって投げるのか。肩が強いから外野手になったはずなのに、昔のようにファンを魅了するような強肩がいなくなった。ノックで正確な全力送球をしないから肩が弱くなるのだ。

敗因を究めれば強くなる

物事にはすべて原因があって結果がある。野球も同じで、負ける要素は自分たちが作っているのだから、監督はそれが何かを考えなくてはいけない。そして結果はすべて監督が責任をとるのだから、矢野監督は「これがほんとうの野球だ」と思うことを貫け。

私もかつて臨時コーチに行ったことがあるが、阪神は素直な選手ばかりだ。ちゃんと正しい野球を教えれば必ず強くなれる。そのかわり、首脳陣も選手も開幕3連敗から何も学ばず、いまのままでいけば最下位になるだろう。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「企業の魂」を売ったオリンパス

    大関暁夫

  2. 2

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ツーブロックNG 驚きの理由とは

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    逃げるより賭け GoTo政策の意義

    自由人

  5. 5

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  6. 6

    命を守る現場 待遇なぜ悪いのか

    毒蝮三太夫

  7. 7

    バイキング 政権批判続ける事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  9. 9

    子ども騙し?2野党合流協議に呆れ

    早川忠孝

  10. 10

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。