記事

《多目的トイレで不倫》依存症専門家が指摘する「旺盛な性欲」と「セックス依存症」の分かれ目 - 斉藤 章佳

1/2

 お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建(47)の不倫トラブル。6月13日放送の「王様のブランチ」(TBS系)では、共演者の佐藤栞里が生放送中に涙を流しながら渡部の出演自粛を報告。「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)では渡部のレギュラーコーナー「もったいないワタベ」は企画名を変更した。

【画像】相方・児嶋、嵐の相葉雅紀とロケ撮影をする渡部

自粛中の渡部建 ©文藝春秋

 6月14日放送の「サンデージャポン」(TBS系)ではテリー伊藤氏が「渡部は普通に考えるとセックス依存症ですよね」と発言。SNS上でも、渡部がセックス依存症ではないかと指摘する声は散見される。

 そんななか、6月25日発売号の「週刊文春」で渡部本人が自らの不倫行為を謝罪。インタビューのなかで、渡部は不倫相手の女性は「デートクラブで安全に遊べる子たちというふうに認識していました」「妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった」と語っている。

 渡部はセックス依存症なのか、そうだとすればそれは治るものなのか――。

  アジア最大規模といわれる依存症専門外来「榎本クリニック」でアルコール依存症を中心に様々な依存問題に携わり、延べ2000人以上の性依存症者の治療に関わっており、現在人気漫画『セックス依存症になりました。』(集英社)の監修をつとめる精神保健福祉部長の斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)に話を聞いた。

“セックス依存症”は「強迫的性行動症」という疾患

  2010年にタイガー・ウッズが複数の女性とのセックススキャンダルで「セックス依存症」であると告白してから、セックス依存症という言葉は近年頻繁にメディアなどで耳にするようになりました。渡部さんの不倫トラブルでも情報番組のコメンテーターが「セックス依存症ではないか」と指摘していました。

  しかし、実は「セックス依存症」という病名は存在しません。2017年に佐々木希さんがドラマ『雨が降ると君は優しい』(Hulu)で演じた女性はセックス依存症でしたが、作中での診断名は「性嗜好障害」でした。強迫的で衝動的な性的逸脱行動を繰り返しその状態に耽溺してしまう症状が疾患として認められたのもつい最近のことなんです。

 2018年、WHOは疾病などを国際的に統一した基準である国際疾病分類を30年ぶりに改訂したのですが、いわゆる“セックス依存症”と呼ばれる状態を「強迫的性行動症(Compulsive sexual behavior disorder)」という疾患であると認定しました。

セックス依存症の本質は「性欲が強いこと」ではない

「強迫的性行動症」にはいくつか特徴があります。

a)強烈かつ反復的な性的衝動または渇望の抑制の失敗

b)反復的な性行動が生活の中心となり、他の関心、活動、責任が疎かになる

c)性行動の反復を減らす努力が度々失敗に終わっている

d)望ましくない結果が生じているにもかかわらず、またそこから満足が得られていないにも関わらず、性行動を継続している

e)この状態が、少なくとも6か月以上の期間にわたって継続している

f)重大な苦悩、及び個人、家族、社会、教育、職業、及び他の重要な領域での機能に重大な問題が生じている 

 この特徴を見ていると、どんなときでもセックスのことを考えていて、セックスをしたくてたまらない、性欲が人一倍強い、という病のように感じるかもしれません。しかし実は、強迫的性行動症(以下、本稿ではわかりやすくセックス依存症)の本質は「性欲が強いこと」ではないのです。実はもっと複雑で、様々な要因が絡み合った問題なのです。

 私はいままで2000人以上の性依存症患者の治療に関わってきましたが、実は性欲が過剰で抑えられないという人はほとんどいませんでした。

 例えば痴漢の場合、痴漢行為中で半数の加害男性は勃起をしていませんでしたし、行為後射精を伴っていませんでした。あるセックス依存症の男性は、治療のために自慰行為や配偶者以外とのセックスをやめましたが、やめ始めた時期は常にセックスのことを考えていたのに、一定期間を超えると性欲や衝動が劇的に軽減したそうです。多くの性依存者は、生来の性欲ゆえにセックス依存症になってしまうのではない。

「支配欲や優越感を得るため」に「セックスに依存」

 一方で、彼らには共通していたことがあります。性行為自体に支配欲やそれに伴う優越感が潜んでいたのです。

  渡部さんの言動からは、女性をモノや性欲処理の道具として見ているような印象を受けました。不倫相手を呼び出したのが多目的トイレであることや、15分の性行為のあと1万円札をバッグの上に置いたなどはモノ以下の扱いです。また、不倫相手の女性に対して「奥さんとは仲が良い。(奥さんがいることと不倫は)それとこれは別」と発言していますが、奥さんを含め、複数の女性を“囲っている”ことに対する優越感や征服感が感じ取れます。 こういった性行為を通した感覚は、多くの性依存患者に見られる傾向です。

 そもそも依存症は、生育環境の問題やトラウマ、ストレスへの不適切な対処行動が習慣化していることが原因としてあり、そのような心理的苦痛を緩和する目的で精神作用物質であるアルコール、薬物、カフェインなどを使用することで始まります。これは行為やそのプロセスに耽溺するセックス依存症などにも原理原則が当てはまると考えられており、これを「負の強化」と言います。

 そこに男尊女卑的価値観が背景にあることが、危険なセックスや様々な性的逸脱行動につながってしまう。嗜癖行動の対象が過剰なセックスになってしまうのは、必ずしも性欲が強いからではなく、様々な複合的快楽が凝縮しているからなのです。

あわせて読みたい

「渡部建」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。