記事

アジア株式市場サマリー

[26日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇して引けた。ただ週間では下落。新型コロナウイルスの感染者が域内や他の主要国・地域で増えており、早期の景気回復への期待がしぼんだ。

米国では今週、複数の州で新規感染者が過去最多を記録。中国やインドネシア、フィリピンなどでも警戒すべきペースで増加し、投資家は神経をとがらせた。

アナリストらは、材料難の中で、各地の中央銀行が金融システムに注入した巨額の資金が域内市場を支えていると指摘した。

アクシコープのチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は「刺激策による巨額の資金が引き続き市場を押し上げているが、感染者の増加が検査数が増えた結果なのかどうか、そして死亡率が上昇するかが明らかになるまでは、大幅な上昇は期待できない」と述べた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは一時0.4%下落していたが、取引終了間際に優良銘柄に買いが殺到、上昇に転じた。

香港株式市場は下落。香港国家安全法の制定を目指す中国の動きをけん制するような法案が米上院で可決されたことや、各国で新型コロナウイルス感染が再び広がっていることが、投資家心理を冷やした。

中国全国人民代表大会(全人代)常務委員会を控え、投資家は慎重姿勢。28─30日の常務委では香港国家安全法が可決される可能性がある。

ソウル株式市場は反発して引けた。ニューヨーク市場に追随したが、新型コロナウイルス感染者の世界的な増加への懸念が上値を抑えた。

総合株価指数(KOSPI)は週間では0.31%下落。

前日のニューヨーク市場は、米銀行監督当局が大手行の投資環境改善につながる規制緩和策を発表したことを好感し、1%超上昇した。

キウム証券のアナリストは「米株高を受けて地合いが上向き、KOSPIは高寄りしたが、上向いたセンチメントは米国の1日の新規感染者数が過去最多だったことが伝わるとやや後退した」と指摘した。

米国では25日、新規感染者数が過去最多を記録、テキサス州は経済活動再開をいったん取りやめた。

海外勢は615億ウォン相当の買い越し。

シドニー株式市場は反発。金融株や鉱業株が押し上げた。ただ、週間では下落。新型コロナウイルスの感染者増加を受けて、早期の景気回復への疑念が生じている。

S&P/ASX200指数は週間で0.7%下落した。

金融株指数<.AXFJ>は2.7%高で4日ぶりの上昇。四大銀行は2.4ー3.3%高となり、上げをけん引した。

米国で前日に金融当局の規制緩和を受けて銀行株が買われ、ニューヨーク株式市場の上昇をけん引したことが材料視された。

モリソン豪首相は、人口2位のビクトリア州で感染者が増加する中でも、感染封じ込め策を一段と緩和する方針を維持すると述べた。

コモディティー価格の上昇を支えに、鉱業株指数<.AXMM>が2%上昇。BHPグループ<BHP.AX>とリオ・ティント<RIO.AX>がそれぞれ2.9%高と2%高。

マーカストゥデー・フィナンシャル・ニュースレターのシニアアナリスト、ヘンリー・ジェニングス氏は、6月末の会計年度終了が近づき、一部で期末の「お化粧買い」が若干見られたと指摘した。

カンタス航空<QAN.AX>は9.1%安と3カ月超ぶりの下落率。同社は機関投資家に対して新株を発行し、約9億4000万ドルを調達したと発表した。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

中国 上海総合指数 休場 - - - - - <.SSEC>

前営業日終値 -

中国 CSI300指数 休場 - - - - - <.CSI300>

前営業日終値 -

香港 ハンセン指数 24549.99 -231.59 -0.93 24697.98 24756.58 24537.77 <.HSI>

前営業日終値 24781.58

香港 ハンセン中国株指数 9853.18 -83.48 -0.84 9879.97 9921.13 9850.37 <.HSCE>

前営業日終値 9936.66

韓国 総合株価指数 2134.65 +22.28 +1.05 2137.47 2142.04 2115.25 <.KS11>

前営業日終値 2112.37

台湾 加権指数 休場 - - - - - <.TWII>

前営業日終値 -

豪 S&P/ASX指数 5904.10 +86.40 +1.49 5817.70 5913.60 5817.70 <.AXJO>

前営業日終値 5817.70

シンガポール ST指数 2604.51 +14.36 +0.55 2603.43 2619.65 2600.50 <.STI>

前営業日終値 2590.15

マレーシア 総合株価指数 1488.14 -1.06 -0.07 1491.97 1495.57 1483.05 <.KLSE>

前営業日終値 1489.20

インドネシア 総合株価指数 4904.088 +7.358 +0.15 4896.730 4941.138 4882.14 <.JKSE>

前営業日終値 4896.730

フィリピン 総合株価指数 6191.84 +73.58 +1.20 6137.61 6191.84 6092.01 <.PSI>

前営業日終値 6118.26

ベトナム VN指数 851.98 -2.61 -0.31 859.07 862.59 850.66 <.VNI>

前営業日終値 854.59

タイ SET指数 1330.34 +4.46 +0.34 1335.55 1344.04 1328.49 <.SETI>

前営業日終値 1325.88

インド SENSEX指数 35171.27 +329.17 +0.94 35144.78 35254.88 34910.34 <.BSESN>

前営業日終値 34842.10

インド NSE指数 10383.00 +94.10 +0.91 10378.90 10409.85 10311.25 <.NSEI>

前営業日終値 10288.90

(リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  5. 5

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  10. 10

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。