記事

デジタル税、欧州4カ国が「段階的アプローチ」を米国に提案


[パリ 26日 ロイター] - 米政府がデジタル課税案を巡る交渉を打ち切ると表明したことを受けて、英国、フランス、イタリア、スペインの4カ国が先週、共同でムニューシン米財務長官に書簡を送り、「段階的なアプローチ」を提案していたことが分かった。年内の合意も可能としている。

ロイターが把握した書簡によると、4カ国は「自動化されたデジタルサービスにまず照準を合わせる段階的なアプローチを採用すれば、年内に政治的な合意を実現できると確信している」と表明。

「そうすれば、すでに導入されている各国のデジタルサービス税やこれから導入される各国のデジタルサービス税などについて、過渡的な解決策の可能性を米国と協議することも可能になる」としている。

米政府は、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルやフェイスブック<FB.O>といった大手ハイテク企業を対象とするデジタル税を導入する欧州諸国に対して、報復措置を講じる構えを示している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  8. 8

    安倍前首相に屈服した記者クラブ

    マガジン9

  9. 9

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  10. 10

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。