記事

JAL、業績連動型株式報酬を支給せず 新型コロナで苦境


[東京 26日 ロイター] - 日本航空<9201.T>(JAL)は26日、2018年3月期から20年3月期までを業績評価期間とする業績連動型の株式報酬を支給しないと決めたと発表した。同日の取締役会で決議した。対象は社内取締役と取締役を兼務しない執行役員。同社の報酬委員会が、新型コロナウイルス感染拡大の影響による厳しい経営環境下を踏まえて「支給は不適当」と答申したため、同社は同報酬制度を17年6月の定時株主総会で導入した。

JALはまた、植木義晴会長と赤坂祐二社長には夏の賞与は支給せず、その他の役員への賞与も約7割カットする。35人の役員全員は、4月から6月まで役員報酬10%を自主返上しているが、これを12月まで延長する。コロナの収束が見通せずさらなる業績悪化も懸念されることから、コスト削減を図る。

同社の20年3月期の純利益は前の年に比べ65%減の534億円だった。20年1―3月期については、経営破綻後、12年に再上場して以来、初の四半期での赤字となった。55円を予定していた前期の期末配当も無配とした。

(新田裕貴)

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  9. 9

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。