記事

リモートワークの推進は長期的に企業を衰退させる

<お知らせ>【登録者数1700名突破!】毎日ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

新型コロナウィルス感染拡大を機に、日本でもリモートワークの推進する「意識高い系企業」が増えてきました。

社員全員をリモートワークにシフトして、オフィスを縮小すると宣言する「ドヤ顔経営者」もいるようです。

確かに、リモートで仕事が完結できれば、通勤時間も節約でき、出勤の準備の時間も無くなります。やることが決まっている定型的な仕事に関しては、通信環境やパソコンなどのインフラが整備されていれば、リモートワークの方が効率的といえます。

しかし、リモートワークで業務を続けていて、そこから新しいビジネスは生まれてくるのでしょうか。企業の成長には、現状の仕事を忠実にこなして、業容を拡大していくだけではなく、今まで無かったビジネスアイディアからチャンスを見つけ、それを収益に結びつけることが求められます。

新たなビジネスチャンスを事業化するには、クリエイティブな発想がぶつかり合う「化学変化」が必要です。テレビ会議では、全員が参加で会議が終わると、退出してしまい、コミュニケーションは終了してしまいます。「化学変化」の機会は、リモートワークでは生まれにくいのです。

なんとなく、集まって雑談をする、異なる部署の人とランチをする、趣味やプライベートの話で盛り上がる。このような一見非生産的な時間から、思いがけないアイディアが浮かび、それが新しいビジネスにつながっていきます。

イノベーションには、そんな「無駄」が必要で、リモートワークで効率性だけを追求すると、それが失われていきます。

リモートワークに向いた仕事と向かない仕事がありますから、それを上手に使い分ける会社が長期的に成長していくと考えます。リモートワークだけを続けていれば、言われたことを効率的にやるだけの、仕事だけになってしまうリスクが増大します。

リアルなコミニケーションから生まれる価値を、あまり過小評価しない方が良いと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年6月26日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  10. 10

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。