記事

原油先物は上昇、コロナ感染再拡大巡る懸念が上値抑える

[メルボルン 26日 ロイター] - 原油先物価格は26日、需要回復期待を背景に上昇している。ただ、米国の一部の州で新型コロナウイルスの感染が再び広がっており、上値を抑えている。

0150GMT(日本時間午前10時50分)時点で米WTI先物<CLc1>は0.42ドル(1.1%)高の1バレル=39.14ドル。同水準を維持した場合、週間では小幅安となる。

北海ブレント先物<LCOc1>は、0.47ドル(1.1%)高の41.52ドル。こちらも週間で小幅安となる水準。

CMCマーケッツのチーフストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は、新型コロナ感染再拡大の懸念があるにもかかわらず、この日のコモディティ市場は世界的な回復について肯定的な見方が支配的になっていると分析。

「市場は需給のファンダメンタルズ(基礎的条件)を無視し、センチメントで動いているようだ」とした。

衛星データによると、中国や欧米で人や物の移動が再び活発になっており、燃料需要の回復が期待できるとアナリストは指摘している。

ただ、米国南部の一部の州でのコロナ感染者の急増が需要回復を阻害しかねないとの懸念がある。これらの州にはガソリン需要が特に大きいフロリダやテキサスが含まれているからだ。

オーストラリア・アンド・ニュージーランド銀行(ANZ)のリサーチ部門はリポートで「(新型コロナの)新たな感染の広がりが回復に水を差す可能性がある」としている。

また、米国の原油生産の増加見通しが上値を抑えている。米ダラス地区連銀が南部の石油・ガス生産会社を対象に実施した調査によると、3分の1以上の企業が月末までの生産の一部再開を予定しており、さらに20%は7月の再開を計画している。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  2. 2

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  3. 3

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  4. 4

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  5. 5

    ワクチンで感染を防げぬ時代に 国民が望む対策をとるのが政治家の役目

    中村ゆきつぐ

    09月25日 08:40

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    再任してほしい歴代首相ランキング 2位は安倍晋三氏「1番日本が平和だった」

    女性自身

    09月24日 14:23

  8. 8

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  9. 9

    【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで

    BLOGOS編集部

    09月24日 18:49

  10. 10

    野党4党の討論会で代表代行の江田憲司氏が登場 枝野氏は野党第一党を死守したいだけか

    早川忠孝

    09月24日 18:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。