記事

陸上イージス撤回了承の報告会で涙を流した河野防衛相はお笑いだ

 シナリオ通り6月24日に国家安全保障会議が開かれ、陸上イージスの白紙撤回が了承された。

 こんな大きな計画変更が激論もなくあっさりと承認されたことは、いかにこの計画がいい加減なものであったかの証拠だが、ここではそれは問わない。

 私がここで言いたいのは河野防衛相が涙を流したという記事についてだ。

 きょう6月26日の毎日新聞が小さな囲み記事でこう報じていた。

 すなわち、イージスアショアの配備断念の為にきのう25日、自民党の会合が開かれ、河野防衛相が出席して説明したらしい。

 ところが、その説明の最中に、河野防衛相が涙ぐむ場面があったというのだ。

 さては、迷惑をかけた県民や国民に詫びて泣いたのか。

 それとも購入先の米国に詫びたのか。

 いや、白紙撤回を決めた自らの英断に酔いしれ、おまけにそれで点数が上がってポスト安倍に急浮上したことへのうれし涙だったとでもいうのか。

 そう思って読み進めたら、いずれでもなかった。

 昨年7月の参院選で配備反対を訴える野党に負けた秋田選挙区の中泉松司という元参議院議員の名前をあげて、次のように詫びたと言うのだ。

 「電話申し上げておわびした。とりかえしつかないが、こころよりおわびしたい」と。

 もっとやはく撤回しておけば、ジージスアショアは争点にならず、従って中泉候補も負けることはなかったというわけだ。

 政治家は選挙がすべてに優先するということだ。

 どこまでいっても笑わせてくれる河野防衛相である(了)

あわせて読みたい

「河野太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「企業の魂」を売ったオリンパス

    大関暁夫

  2. 2

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ツーブロックNG 驚きの理由とは

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    逃げるより賭け GoTo政策の意義

    自由人

  5. 5

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  6. 6

    バイキング 政権批判続ける事情

    NEWSポストセブン

  7. 7

    命を守る現場 待遇なぜ悪いのか

    毒蝮三太夫

  8. 8

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  9. 9

    子ども騙し?2野党合流協議に呆れ

    早川忠孝

  10. 10

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。