記事

IMF:世界経済見通しを下方修正、米国などへの悲観増す

Coronavirus Pandemic Makes IMF Pessimistic About The U.S. And Other Countries’ Future Outlook.


国際通貨基金(IMF)は6月24日、世界経済見通し(WEO)の最新版を前倒しでリリースしました。今回、IMFは世界経済見通しを2020年につき従来の3.0%減から4.9%減2021年も従来の5.8%増から5.4%増へそれぞれ下方修正しています。下方修正が目立ちますが、基本シナリオとして前回に続き下半期の回復を見込んでいました。

チャート:各国際機関で最も悲観的なのはパリに拠点を置くOECD

(作成:My Big Apple NY)

世界経済の牽引役として期待される米国の成長率も、2020年は従来の5.9%減から8.0%減2021年も従来の4.7%増から4.5%増へそれぞれ下方修正米連邦公開市場委員会(FOMC)や国際機関などより遅れて発表した事情もあり、米国の見通しは最も悲観的となっています。

チャート:IMFの米国成長見通しは、最も悲観的

(作成:My Big Apple NY)

ただ、IMFが米国にのみ悲観的だったかといいますと、欧州各国など先進国の見通しも他機関より下振れしており、コロナ禍の影響に合わせて修正したもようです。特にユーロ圏ではフランスの2020年見通しの下方修正幅は5.3%ポイント(従来7.2%減→12.5%減)と著しく、ユーロ圏自体も米国以上の大幅な下方修正となりました。

チャート:世界経済見通しの一覧

(作成:My Big Apple NY)

2020年見通しで下方修正が目立った国はインドで6.4%ポイントに及びました(従来1.9%増→4.5%減)。気になる中国はというと0.2%ポイント(従来1.2%増→1.0%増)と小幅にとどまっています。

チャート:2020年見通しの下方修正幅が大きな国一覧

(作成:My Big Apple NY)

米国を始め第2波の懸念がくすぶるなか、IMFは2021年に第2波が直撃し社会的距離(ソーシャルディスタンシング)が徹底されロックダウンが再開すれば、基本シナリオから成長が4.9%ptの押し下げを予想。逆に回復が進めば、2020年の基本シナリオから0.5%ptの押し上げを見込みます。果たして世界経済はどちらのシナリオをたどるのか。運命の分かれ道は、日々の人々の暮らしに掛かっています。

あわせて読みたい

「IMF」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。