記事

IMF:世界経済見通しを下方修正、米国などへの悲観増す

Coronavirus Pandemic Makes IMF Pessimistic About The U.S. And Other Countries’ Future Outlook.


国際通貨基金(IMF)は6月24日、世界経済見通し(WEO)の最新版を前倒しでリリースしました。今回、IMFは世界経済見通しを2020年につき従来の3.0%減から4.9%減2021年も従来の5.8%増から5.4%増へそれぞれ下方修正しています。下方修正が目立ちますが、基本シナリオとして前回に続き下半期の回復を見込んでいました。

チャート:各国際機関で最も悲観的なのはパリに拠点を置くOECD

(作成:My Big Apple NY)

世界経済の牽引役として期待される米国の成長率も、2020年は従来の5.9%減から8.0%減2021年も従来の4.7%増から4.5%増へそれぞれ下方修正米連邦公開市場委員会(FOMC)や国際機関などより遅れて発表した事情もあり、米国の見通しは最も悲観的となっています。

チャート:IMFの米国成長見通しは、最も悲観的

(作成:My Big Apple NY)

ただ、IMFが米国にのみ悲観的だったかといいますと、欧州各国など先進国の見通しも他機関より下振れしており、コロナ禍の影響に合わせて修正したもようです。特にユーロ圏ではフランスの2020年見通しの下方修正幅は5.3%ポイント(従来7.2%減→12.5%減)と著しく、ユーロ圏自体も米国以上の大幅な下方修正となりました。

チャート:世界経済見通しの一覧

(作成:My Big Apple NY)

2020年見通しで下方修正が目立った国はインドで6.4%ポイントに及びました(従来1.9%増→4.5%減)。気になる中国はというと0.2%ポイント(従来1.2%増→1.0%増)と小幅にとどまっています。

チャート:2020年見通しの下方修正幅が大きな国一覧

(作成:My Big Apple NY)

米国を始め第2波の懸念がくすぶるなか、IMFは2021年に第2波が直撃し社会的距離(ソーシャルディスタンシング)が徹底されロックダウンが再開すれば、基本シナリオから成長が4.9%ptの押し下げを予想。逆に回復が進めば、2020年の基本シナリオから0.5%ptの押し上げを見込みます。果たして世界経済はどちらのシナリオをたどるのか。運命の分かれ道は、日々の人々の暮らしに掛かっています。

あわせて読みたい

「IMF」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。