記事

感染は抗体だけで防ぐのではない かからない 重症化しない うつさない 日本ではできる

本当世界に比べて落ち着いているといっていい日本の新型コロナウイルス感染。アメリカの36000人ブラジルの40000人/日発症をみていると、無症状のPCR含む50人前後の東京にまだ少し安心している私がいます。

もちろん昼カラとか夜の街とか大人数での会食は、しっかりした対策なしでは今は控えるべきなんでしょう。でも2週間前みんなが外にいっぱい出た6月上旬の結果がこれくらいならば、普通の人はなんとかコロナと一緒に生活できるのではないでしょうか。もちろん油断はダメですが。

国民民主党玉木代表のツイートにリプライしました。

>働いている人の感染はある程度仕方がないと割り切る必要があると思います。
その上で、高齢者、健康弱者、経済弱者をいかに守るかということが今後の経済、社会生活の上で政治的に大切なこと

本当にクラスター班に感謝しながら生活していくしかないと思っています。

さあ抗体ができないと今後もコロナが防げないといっていた人がいますが、みなさんよく考えてください。同じ場所にいても感染する人としない人がいますよね。もちろん手洗い、マスクなども影響しますが、一番はいわゆる免疫力、そう自然免疫の違い等で感染は決定されるのです。

もちろんその中には中途半端な免疫もからみます。似たようなウイルスに感染した記憶を持つメモリー細胞があれば、交差免疫という名の少し頼りないけどなんとか防いでくれる免疫細胞、抗体が出てくるのです。

風邪をひきにくい人はなぜ?同じウイルスに暴露されても発症しない人はなぜ?正直はっきりとした証明は難しい内容なのですが、免疫をやっている人間にとって当たり前のこと、そう感染を防ぐのは抗体だけではありません!

抗体が下がったといって大騒ぎしたことを批判した以前の記事感染症の忽那賢志先生もメインではありませんがメモリーをしっかり記載してくれています。もちろんまだ証明は難しいので完全にはわかりませんが。

手洗い、マスクでの物理的防御、飛沫拡散防御
自然免疫でのウイルス防御
獲得免疫でのウイルス完全排除


この3段階で食い止めることができれば本当に「感冒」レベルですむのです。そして「感冒」ですまない人たちを守るようにすることがこのコロナの時代に必要なことで、少なくとも日本ではなんとかできそうだと確信しています。(永寿総合病院のようにいっきに拡がる時には考えなければいけませんが)

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  4. 4

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  9. 9

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    トランプ氏 レバノン爆発は攻撃

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。