記事

放送禁止歌『酋長の娘』から考える表現の不自由問題

かつてのマーシャル諸島(1946年。GRANGER/時事)

 放送禁止とされている言葉や歌がある。放送禁止といっても法律ではなく、あくまで自主規制なのだが、なぜその言葉や歌が禁じられているのか? 理由が解説されることはあまりない。評論家の呉智英氏が、放送禁止歌『酋長の娘』から表現の不自由問題と「ラバさん」問題を考えた。

 * * *

 コロナ禍も一段落。第二波第三波への懸念はあるものの、人々の顔にも落ち着きの色が見られる。私もコロナテーマから一時離れ、ゆるネタを扱ってみよう。

 六月三日NHKラジオのニュースの最後に訂正があった。

「先程のニュースの中で、マーシャル群島と申し上げましたがマーシャル諸島の誤りでした。訂正いたします」

 えっ、マーシャル群島って差別語だったのか。驚いて調べてみると、そうではなかった。外務省の定めた正式国名が「マーシャル諸島共和国」だからである。戦前の委任統治期は「マーシャル群島」であった。「ローマ法王」が「ローマ教皇」に変わったようなもので、だからといってA・ジイド『法王庁の抜け穴』が絶版になるというものではない。これと同じなのである。

 私が「マーシャル群島」も差別語かと早合点したのは、この言葉が放送禁止歌『酋長の娘』の中に出てくるからである。

 この歌については、三年前にも本欄で少しだけ触れたが(『日本衆愚社会』所収)、「酋長」だの「色は黒いが南洋じゃ美人」だの「明日は嬉しい首の祭」だの、アブナイ歌詞が頻出する。そのため現在は言葉を改竄しなければ歌えない。宗教弾圧下で隠れキリシタンが信仰を守るためにマリア像を観音像に作り変えるようなものだ。

 この『酋長の娘』には「赤道直下マーシャル群島」という一節も出てくる。これは表現の不自由認定されていなかったが、とうとうこれもと勘違いしたのだ。表現の不自由に敏感になりすぎていた。

 ところで『酋長の娘』には表現の不自由問題とはまた別の問題がある。私がこの歌を知ったのは、小学校高学年の頃だった。この中に出てくる「ラバさん」の意味が分からず「騾馬さん」かと思った。

 中学に入り英語を学ぶようになって「loverさん」、すなわち恋人の意味だと分かった。酋長の娘を恋人にしたのである。

 しかし、問題はまだ続く。

 年頃でもありポップスに興味を持つようになった。『恋人よ、我に帰れ』もその一つだ。この「我に帰れ」って、どういう意味だろう。ボンクラ中坊同士で議論になった。恋人が遊び人の男にまどわされているが、俺のもとに帰れなのか、冷静になって正気を取り戻せなのか。両様に取れる。これはすぐに解決がついた。原題がlover, come back to meだからである。俺のもとに帰れである。

 高校生になって辞書を引いていて気づいた。loverは通常男性、それも遊び人を指す場合が多い、とあった。歌の主人公は女性。彼女が遊び人の恋人に帰って来てよと呼びかけているのだ。

 まだ続きがある。

 じゃあ、バッハ原曲の『ラバーズコンチェルト』は、どうか。遊び人の男同士の禁断の恋なのか。いや、複数形の場合は男女の恋人同士らしい。

 ともあれ「私のラバさん酋長の息子」ではないようである。

●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会理事。近著に本連載をまとめた『日本衆愚社会』(小学館新書)。

※週刊ポスト2020年7月3日号

あわせて読みたい

「歴史」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。