記事

役員報酬 1億円以上開示 ベスト10のうち、5人がソフトバンクグループ

 6月25日17時までに、2020年3月期決算の有価証券報告書の提出は408件が確認され、累計1053社になった。25日に報酬額1億円以上の個別開示を行ったのは37社で、人数は65人だった。

個別開示 37社・65人

 6月25日17時までに、2020年3月期決算の有価証券報告書で役員報酬1億円以上を個別開示したのは、社数が37社、人数が65人だった。
 2020年3月期決算で1億円以上の報酬額を開示したのは、累計で106社、人数は216人に達した。

最多人数 東京エレクトロン、三菱商事、三井物産の3社が各8人

 25日までに報酬額1億円以上で開示された216人のうち、最高額はソフトバンクグループのマルセロ・クラウレ副社長COOの21億1300万円。2位は武田薬品工業のクリストフウェバー社長の20億7300万円、3位はソフトバンクグループのラジーブ・ミスラ副社長の16億600万円、4位はトヨタ自動車のDidier Leroy元副社長が12億3900万円、5位はソフトバンクグループの佐護勝紀副社長CSOの11億1000万円、6位は武田薬品工業のアンドリュープランプ取締役が10億4600万円と、上位6人が報酬額10億円以上だった。
 報酬額の上位10位には、ソフトバンクグループ5人、武田薬品工業3人がランクインしている。

 25日までの企業別の開示人数は、最多が東京エレクトロンと三菱商事、三井物産の各8人。以下、バンダイナムコホールディングスが7人、ソフトバンクグループとエーザイ、伊藤忠商事、トヨタ自動車、ソフトバンクが各6人と続く。
 商社や医薬品、自動車メーカーなどで、複数の役員が報酬額1億円以上で開示されている。

※役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。

あわせて読みたい

「役員報酬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。