記事

グーグル、一部のメディア企業にコンテンツ使用料支払いへ


[ブッリュセル 25日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルが25日、メディア企業との対立の解消に乗り出した。

同社はオーストラリア、ブラジル、ドイツの一部のメディア企業に対し、質の高いコンテンツの使用料を支払うと表明。他のメディア企業とも契約を締結していく方針を示した。

グーグルに対しては、欧州をはじめ世界中の報道機関からコンテンツの使用料を支払うよう求める声が高まっていた。

グーグルのバイスプレジデント(ニュース担当)、ブラッド・ベンダー氏はブログに「質の高いニュース・コンテンツについてメディア企業に使用料を支払うライセンス・プログラムを発表する。年内に開始する」と投稿。

「まず一部の国のメディアからスタートし、近くさらに追加する」と述べた。

使用料が支払われるのは、ドイツのシュピーゲル、フランクフルター・アルゲマイネ、ディー・ツァイト、ライニッシェ・ポスト、オーストラリアのシュウォーツ・メディア、ブラジルのア・ガゼッタなど。

フランスの競争当局は4月、グーグルに対し、フランスのメディアにコンテンツ使用料を支払うよう命令。オーストラリア政府も、グーグルとフェイスブックに対し、国内メディアとの広告収入の共有を義務付ける方針を示した。

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。