記事

ボルトンの暴露本で絶望的になった拉致問題の解決

 私がボルトンの暴露本で一番関心を持ったのは、安倍政権が米朝首脳会談の合意の足を引っ張ったことが明らかにされたところだ。

 いうまでもなく文在寅大統領の韓国はその逆だ。

 なんとかして米朝首脳会談の成功に向けて動いた。

 まず南北融和を実現してその勢いで米朝首脳会談の成功につなげようとした。

 金正恩委員長はトランプ大統領と直接取引したかったから、文在寅大統領のそのような仲介を好まなかったが、それでも米朝会談が成功していたらすべてがうまく回ったはずだった。

 結果的に米朝会談がうまくいかず、おまけに文在寅大統領は米韓軍事同盟にも未練を持っていたため、金正恩委員長はぶちきれたのだ。

 だから韓国は、ボルトンの暴露本で、谷内正太郎がボルトンと一緒になってネオコンのようにふるまい、それに安倍首相が従って北朝鮮に対して妥協するなとトランプ大統領にけしかけていたことを暴露本で知って、頭に来た日がしない。

 ここにきて韓国が、日本の世界遺産の取り消しを求めたり、WTO提訴に強硬になり、WTO事務局長選挙に自国民の候補を立てるなど、強硬姿勢に出ているのはその為と思える。

 しかし、韓国が日本に対して怒っても安倍首相としては痛くもかゆくもない。

 日本中が嫌韓一色になっているからだ。

 ところが北朝鮮が怒り出せば安倍首相はたちまちのうちに窮地に陥る。

 いまのところ北朝鮮はこのボルトンの暴露本について何の反応も示していない。

 しかし、そのうち間違いなく激しく安倍首相を罵るだろう。

 金正恩委員長が一番望んでいた米朝首脳会談の足を引っ張ったのが日本だということが暴露本で明らかになった。

 金正恩委員長にとってこれ以上腹立たしい事はない。

 文在寅大統領に対する怒りよりはるかに強く、激しい怒りを金正恩委員長は抱いているに違いない。

 これで拉致問題は解決不能になった。

 金正恩委員長との無条件の首脳会談は不可能になった。

 そして、もしトランプ大統領が金正恩委員長と取引して一気に米朝関係が好転すれば、その時こそ安倍首相は完全に仲間外れにされる。

 ボルトンの暴露本で一番苦しい立場に追い込まれるのは安倍首相だと私は書いた理由はそこにある(了)

あわせて読みたい

「拉致問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  5. 5

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  6. 6

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  10. 10

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。