記事

ユニクロ柳井氏が京大に100億円寄付 山中伸弥氏と本庶佑氏に

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は24日、京都大学に個人として総額100億円を寄付すると発表しました。

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(71)は24日、いずれもノーベル医学生理学賞受賞者の京都大の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(78)と山中伸弥教授(57)の研究に対し、個人で総額100億円を寄付すると発表した。山中氏が所長の京大iPS細胞研究所が進める新型コロナウイルス感染症対策などを後押しする。

3氏が同日、京都市左京区の京大で会見した。寄付が実現したのは、柳井氏が山口県内の同じ高校出身の本庶氏から50億円の寄付を打診されたのがきっかけ。柳井氏は快諾の上、山中氏にも同額の寄付を申し出たという。理由について「本庶先生も山中先生も本物。私利私欲でなく全世界、日本のためにやっておられる」と説明した。

寄付された資金について、本庶氏はセンター長を務めるがん免疫総合研究センターの活動に用いる。本庶氏は「公的資金と異なり、寄付は使途が自由で若手の研究支援を含めて自由に構想できる」と語り謝意を述べた。

山中氏はiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った新型コロナ感染症の病態解明に活用すると表明。さらに4月から本格稼働した京大iPS細胞研究財団で、患者本人から作製したiPS細胞(マイiPS)を保管・提供するための研究にも用いるとした。マイiPSプロジェクトの一環で、延べ床面積が1500平方メートルの新たな施設の設置も表明した。

山中氏は「生涯かけて蓄えてこられた重いお金を研究費としていただく。本当にありがたく責任を感じる」と語った。
([出所]京都新聞(2020/6/24)より抜粋)
-----

寄付といえば、ビル・ゲイツ氏。
ビル・ゲイツ氏とその妻のメリンダによって2000年に設立された「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」は、基本財産が総額468億ドル(約5兆円)あり、年間約50億ドルの寄付を行っており、設立から2018年末までに累計500億ドル以上(5兆円以上)の寄付を行っています(詳細はこちら参照)。さらに、今年2月には、新型肺炎の感染拡大対策に最大1億ドル(約109億円)を拠出すると発表しています(詳細はこちら参照)。そして、新型コロナウイルスの治療薬開発にも資金提供を行っています(詳細はこちら参照)。恐るべし。

この動画、かなり有名ですが、ご存知ない方は、是非、見てください(8分36秒)。
2015年4月のビル・ゲイツ氏のスピーチ。
なんと5年前からウイルスが原因による感染症の流行を指摘しています(画面右下の「設定」から字幕表示可能です)。

あわせて読みたい

「柳井正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  6. 6

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  7. 7

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  10. 10

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。