記事

トランプ政権の太陽光・風力事業承認件数、前政権の半分=報告書


[25日 ロイター] - リベラル系のシンクタンク、アメリカ進歩センター(CAP)が25日に公表したリポートによると、トランプ政権下で内務省がこれまでに承認した連邦政府の土地を活用した太陽光・風力発電事業は、オバマ前政権で承認された件数の約半分にとどまっている。

トランプ政権が石油や天然ガス開発事業に力を入れる一方で、再生エネルギー事業の推進に後ろ向きであることを示す内容だとCAPは指摘している。

CAPが連邦政府のデータをもとに分析したところによると、トランプ大統領は就任以降、太陽光発電事業7件と風力発電事業1件を承認した。一方、オバマ前政権の最初の3年半に承認された太陽光・風力発電事業は15件となっている。

報告書をまとめたケイト・ケリー氏は、トランプ政権下での再生エネルギー事業の減少について、オバマ前政権が導入した発電所に温暖化ガスの削減を義務付けた「クリーン・パワー・プラン」規制の廃止などが要因とみているが、それだけでは同事業の減少を十分に説明できないと指摘している。

また報告書では、トランプ政権が石油・天然ガス開発鉱区の借地権入札を積極的に行っている一方で、風力・太陽光事業の借地権入札には消極的であることも明らかになった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  10. 10

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。