記事

山手線30駅の駅名表示看板がデザインされた折り畳み傘が販売へ 鉄道ファンのために傘ソムリエが考案

株式会社シューズセレクション

山手線の駅名表示看板がそのままデザインされた折り畳み傘、「ポケフラット®山手線駅名標傘」が26日、山手線駅の一部「NewDays」と「NewDays KIOSK」にて先行販売される。

開発したのは傘ブランドWaterfront(ウォーターフロント)を運営する株式会社シューズセレクション(東京都目黒区)。価格は税抜き1,500円。

傘本体は山手線カラーのグリーン 駅看板が表示されたケースは30駅全てを網羅

株式会社シューズセレクション

ポケフラット®は収納時の厚みが2.5cmほどにしかならない、薄さに特化した折り畳み傘だ。

今回の山手線駅名標傘は株式会社JR東日本リテールネットとのコラボ商品。本体は「山手線カラー」であるグリーンを使用し、傘ケースには山手線全30駅の駅名表示看板がそのままデザインされている。

UVカット率90%のため日傘としても利用できる。

開発に携わったのは傘ソムリエの土屋博勇喜さん。山手線を周回しながら傘を見ることが趣味で、その最中に駅名表示看板を目にして「ポケフラットみたい」と感じたことが、今回の商品が生まれるきっかけとなったという。

シューズセレクションの担当者は「傘本体はとてもシンプルなデザインになっており、バッグにも入れやすい薄型の折り畳みなので、実用性も抜群。最寄駅や思い出の駅、またお土産として、ちょうど梅雨の時期なので、みなさまのお供になれたら嬉しいです」と力を込めた。

あわせて読みたい

「山手線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。