記事

「東京で新たに55人感染」の数字の意味を考えろ


感染者が増えた……と、過敏に反応するメディアや社会。
冷静さが著しく欠けていて、数字に躍らされている。
本当のリスクはなんなのか?
それを見失っている。

東京で新たに55人感染 宣言解除後最多、同一職場や新宿 | 共同通信

東京都は24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに55人報告されたと明らかにした。緊急事態宣言解除後としては最多で、50人を上回るのは5月5日以来。既に7人の陽性が判明している同一職場の同僚9人が含まれているほか、新宿区が実施している集団検査の12人を含む計20人がホストクラブなど夜の繁華街に関連していた。

55人という数字だけがひとり歩きして、増えた、大変だ、と騒いでいる。
分母の数を考えてみよう。

東京都の人口は、1395万1636人(2020年1月1日現在)。
23区に限ってみれば、957万人(2020年1月1日現在)。
そのうちの、55人である。

(55÷1395万1636)×100≒0.0004%
(55÷957万)×100≒0.0006%

東京都全体では0.0004%であり、23区だと0.0006%である。
100人中の55人などというリスクではなく、1395万人中の55人なのだ。
大騒ぎする必要のない数字。

参考までに、昨日の交通事故発生件数は……

発生件数 67
負傷者数 72

……と、件数・人数としては、新型コロナと同程度。
だが、このことで交通事故のリスクが高まったと騒がないよね。交通事故に遭わないように、外出を控えようとか、外出時にはヘルメットを被り、プロテクター(バイク乗りが着るようなもの)をつけましょう……なんてことにはならない(^_^)b

把握できている感染者数と人口との比率からいえば、交通事故に遭うリスクと大差ない。
大部分の人、99.999%の人は、交通事故に遭うことはないし、新型コロナに感染することもない。
怖がりすぎなんだ。

自分の周りだけ見ていると、通勤などで半径2メートル以内ですれ違う人は、1日で数十人くらいだろう。その中に、感染者がいる確率は、0.000659%……ほとんどいないといっていい数字。ゼロではないから、遭遇する可能性はある。それは交通事故も同じ。

分母の数(1395万人)が実感できないから、55人という数字が大きく見えてしまう。
これは、一種の錯覚であり、数字のマジックだ。

みんな、落ち着け。
我々は、一歩踏み外すと落ちてしまう崖っぷちにいるわけではない。広々とした平原にいて、危険な崖は、ずっと遠くにある。

マスコミはあおりすぎ。
「10km先に崖がありますから、そこを動いてはいけません」
といっているようなもの。

「正しく恐れる」というのは、リスクをゼロにすることではない。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  7. 7

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    「生き残りたかったら、営業の仕事をしろ」技術者にも求められる交渉能力

    佐藤知一

    06月20日 17:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。