記事

有名店の期間限定ランチは、お得なものほど消えていく


<お知らせ>【登録者数1700名突破!】毎日ブログの内容をユーチューブ動画でも解説しています。「内藤忍チャンネル」にチャンネル登録をすれば、毎日見逃すことなく動画でもご覧いただけます。是非ご登録ください。

SHINOBY’S BAR 銀座の近くにあるお店に久しぶりにランチに出かけてみました。

銀座の一等地にあるビストロで、スタッフのサービスも極めて行き届いたお店。ランチのブイヤベース風カレー(写真)は、大きな具の魚介がたっぷりで、食べ応えがありました。食後のコーヒーまで付いて、1000円というリーズナブルな価格に驚きました。

スタッフによれば、このお店のランチは今月末で終了し、来月からは夜だけの営業になるそうです。ランチ営業は、コロナショックの影響で実施した期間限定サービスのようです。

赤坂にあるローストビーフで有名なお店も、ランチタイムに期間限定のカレーを提供しています。看板料理のローストビーフとスペアリブがトッピングされた、ゴージャスな欧風カレーを高級感溢れる店内で味わうことができて、こちらも通常価格から考えれば極めてリーズナブルです。

(どちらのお店も明日の資産デザイン研究所メールでご紹介する予定です)

このように普段は夜しか営業していないお店がランチ営業したり、通常には無いリーズナブルなメニュを提供したりするのは、コロナショックで来店者数が激減したことが背景にあります。需要が減少したから、利益率を削ってでもお得なサービスを提供して、売り上げを確保しようとしたのです。

しかし、緊急事態宣言が解除され、都心に人が戻ってくると、徐々に通常の営業モードに戻っていきます。

これはテイクアウトメニュに関しても同じです。コロナショックを機にテイクアウトを開始して、それが売上の一部を占めるようになったお店では、店内営業と並ぶ新しいビジネスとなっているところもあります。しかし、片手間に本業とは関係ないお弁当のようなサービスをしていた店舗は、そのうちにテイクアウトは終了してしまうと思います。

ランチメニュやテイクアウトのお弁当のサービスが終了していくのは、毎日の生活が正常化していくグッドニュースと言えます。しかし、美味しいものがリーズナブルに味わえる機会がどんどん減っていくことにもなります。

もしかしたら、もう2度と食べられないかもしれない、リーズナブルな期間限定ランチや有名店のお弁当。今のうちに味わっておかないと、お得なものほど無くなってしまうことでしょう。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2020年6月25日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  4. 4

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  9. 9

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    トランプ氏 レバノン爆発は攻撃

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。