記事

米上院、共和党の警察改革法案の審議入りを否決 民主党が反対


[ワシントン 24日 ロイター] - 米上院は24日、共和党の警察改革法案の最終審議入りを否決した。共和党案には決定的に問題があるとして民主党が反対し、賛成55に対し反対45と、賛成票が審議入りに必要な60票に届かなかった。

下院は民主党が策定したより包括的な法案を25日に採決する予定だ。

議会での警察改革の動きは、ミネソタ州ミネアポリスで先月、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警官に拘束された際、膝で首を圧迫されて死亡した事件を受けたもの。

シューマー院内総務ら民主党上院議員は、24日の採決結果を受けて共和党上院トップのマコネル院内総務がより踏み込んだ超党派法案の協議に応じる可能性が高まるとの見方を示した。

民主党のハリス上院議員は「(警察改革の)動きが阻まれることはない。実体のある真の解決策以外は受け入れない」と述べ、意味のある対話の開始を呼びかけた。

マコネル院内総務は、与野党の溝が十分に埋まれば再採決を行うとした。

与野党の法案で改革を目指している問題は、チョークホールド(首を圧迫して容疑者を拘束する行為)、事前通知のない住居への立ち入り、警官のボディーカメラ着用、殺傷力のある武器の使用、警官訓練など重なる部分が多い。

ただ民主党は、改革を義務付ける民主党案と異なり、共和党案はインセンティブを利用して改革を推進する内容だとして批判。一方の共和党は、民主党案では警察の不正行為の被害者が警察を提訴することを可能にする措置が盛り込まれていることなどから、法執行が損なわれる可能性があるとして反対している。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  5. 5

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  10. 10

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。