記事

大村知事リコール、あいちトリエンナーレ2019とメディア

1/2

前回、大村知事リコールについての所感を記載しましたが、

今回はこの件と日本のメディアについて気が付いたことを書きます。

私は今回の件で、日本の大手メディア、特にテレビ局と新聞の報道の中立性に改めて疑問を持ちました。

昨年の夏、あいちトリエンナーレ2019表現の不自由展がニュースで報道された時の内容を思い起こしてみましたが、民放およびNHKのニュースで報道されたのは、かいつまんでいえば、

「慰安婦像などを展示した表現の不自由展に対して、クレームが寄せられ、展示が中止に追い込まれた」

という内容でした。

特にこの展示会について知識のない人が見ると、

「右翼団体などのクレームによって展示会が中止に追い込まれ、表現の自由が侵されている」

と印象を持つ報道内容でした。

私自身も、これらのニュースを見た際にはそう思いました。

ニュースに出演しているコメンテーターなども揃って同様の発言をしていたことを覚えています。

展示内容についても各社が報じたのは「慰安婦像」のみでした。

昭和天皇に対するヘイトを示す作品群や、出征した特攻隊の若者を「間抜けな日本人」と称した作品などについては、全く触れられていなかったのです。

これらの作品が展示されていたことを私が知ったのは、今回ネットの記事で高須先生の大村知事リコールの件がたまたま目に留まったからです。

ここで、展示会の内容が適正だったかどうかという議論とはまた別に、日本のテレビ局の報道に大きな疑問を持ちました。

何故、どこの局も慰安婦像のことしか報道しなかったのか?

当然取材しているはずですから、昭和天皇へのヘイト作品などが含まれていることを彼らは知っていたはずです。

しかし、それらが地上波で流れることはなかった。

多くの日本人は潜在的に、ニュースで流れる情報は”正しい情報”であると、疑いはしません。

そのため、情報番組に求められるのは何よりも事実をあるがままに報道することのはずです。

しかし、今回の件が示す通り、どのテレビ局も展示会の中の「慰安婦像」のみを切り取り、「昭和天皇ヘイト作品群」については1秒も触れませんでした。

これは日本のテレビ局が揃いも揃って、自分たちの報道したい内容のみを恣意的に報道しているという一つの証拠です。

これは、事実を報道することが求められるはずの情報番組としては、おかしいと思いました。

それでは、何故テレビ局が慰安婦像についてのみ触れ、昭和天皇ヘイト作品群について触れなかったのかを考えました。

何か理由がなければおかしいからです。

本来であれば「国の象徴」と憲法にも明記されている天皇をヘイトするような作品群が公金で展示されているのであれば、そのことの方が話題性も強く、大きな問題にもなるはずだからです。

テレビ局で情報番組を作成している側に立って考えてみます。

表現の不自由展がクレームで中止に追い込まれたことを報道する上では、その理由を説明しなければなりません。

そこで彼らはどういう訳か、昭和天皇ヘイト作品は番組には出せない、と判断しました。

しかし一方で、慰安婦像の展示についてはクレームを集めた原因として番組に出せる、と判断した。

あわせて読みたい

「大村秀章」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。