記事

元NEWS手越祐也 臨床心理士が“6つの発言”から見た「聞けば聞くほどモヤモヤする」理由 さすが“破天荒・手越裕也” - 岡村 美奈

 言い分はわかったけれど、聞けば聞くほどモヤモヤ感が強くなる。6月23日午後8時から約115分に渡って行われた元NEWS・手越祐也氏の緊急記者会見は、そんな印象だった。

 明るくポジティブ、ヤンチャな彼のイメージそのままに、息つく間もないほどの早口で“真実”を語る彼の何がそう感じさせたのか。手越会見を“ちょっとモヤモヤした発言“とともに振り返ってみよう。

その1)「あまりに事実と違う報道が多すぎた」

 黒のインナーにネイビーのジャケットというシックな服装で、会場に現れた手越氏。会場一杯に詰めかけたメディアに柔らかい笑みを見せるが、事実と違う報道が多かったと言うだけあって、彼らを見回す視線は鋭く冷やか。「自分の口から早く話したかった」と挨拶を終えると、席に着いて話し始める。

 手越祐也チャンネルというYouTubeでの生配信で見やすいようにという配慮からか、バックには黒のカーテン。黒い背景にシックな装い、金髪に染めた手越氏の整った顔が見事に浮かびあがる。さすが、見せ方がうまい。一方で、具体的な話になると歯切れが悪くなっていったのが気になった。


都内の某所での緊急記者会見に臨んだ元NEWS・手越祐也 ©時事通信社

その2)「ジャニーズ事務所との間に大きなトラブルがあったということもありません」

 新型コロナウイルスでステイホームが叫ばれていた中、2度の外出をすっぱ抜かれ、事務所から自粛を言い渡されていた後の退所だけに、トラブルがあったのだろうと思うのは当然だが、本人は否定。3月には退所の意向を伝えていたと説明。でも「?」だ。「メンバーとの間にトラブルがあったことは1ミリもございません」ときっぱり否定したのに、事務所との間では「大きなトラブルはなかった」。いったいこの表現の差は何だろう?

 案の定、会見中何度も「円満解除、円満退所」を口にしたが、社長である藤島ジュリー景子氏、副社長である滝沢秀明氏との面会は叶わなかったらしい。おまけに事務所側からは「弁護士をつけて欲しい」と。普通に考えると、それはまさに「トラブっている」状態だと思うはずだろう。

「今までお世話になった方と絶対に揉めたくない」と、双方の弁護士同士が話し合ったと説明。退所会見には、あのカルロス・ゴーンの弁護団にもいた高野隆弁護士が同席し、用意周到に彼をガード。こんな高名な弁護士がつかないと円満退所できなかったのかと、いらぬ憶測が頭をよぎる。

その3)「ジャニーズを出ざるをえなかった」

「男、手越祐也、32歳。もっと男としてチャレンジしたい」と退所の理由や自らの夢、将来を語る度に何度も何度も頷く。力が入ると、言葉の語尾が微妙に上がり、声が裏返るように細く高くなる。

 事務所にいては「身軽なフットワーク」で動きにくく、SNSやYouTubeなど「個人のメディア」が持てず、仕事でも「持っていったものが、具現化するのに時間がかかる」と視線を落とし、首を傾げながら説明。それを聞いていると、やりたいことが思うようにできず、仕事も行動も制限され自由が利かないことに反発や苛立ちを感じ、反抗したくなる「心理的リアクタンス」という状態だったと推測できる。

「アイドルの1年って本当に大切」と自身の時間感覚や理想とする仕事のスピード感も語ったが、時間への焦りがあるほど、人はスピードアップしたくなる傾向がある。焦りもあったという32歳のアイドルの退所に、事務所は彼の理想通りのスピード感で対処した。

その4)「影響力を最大化する」

 NEWSのアルバム4部作最後の「STORY」について熱く語り、そのツアーが終了したら退所するつもりだったと話すだけに、なぜこのタイミングでの退所だったのだろうか? コロナ禍で見通しがつかなくなったとはいえ、いずれ収まるのを待てばいいのに。その答えは「影響力を最大化する」という彼の野望かもしれない。

 人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)にレギュラー出演し、広くお茶の間の人気者になった手越氏。NEWSというグループや歌は知らなくても、手越は知っているという人も多い。

だとすれば、コロナ禍で様変わりした芸能界で生き残っていくため、人気があるうちに退所し個人のメディアを立ち上げた方が戦略的にはプラス。前日に開設した手越祐也チャンネルは、開始13分後に視聴者が100万人を突破。翌日、メディアはこぞってこの会見を報じた。まさに影響力の下地となる存在感を最大化できたタイミングだった。

その5)「俺がお世話になってる先生もくるから」

 世の中的にうるさいことがわかっていながら外出した理由は、今後のビジョンのため。いつ契約が解除されるのか、飛び出すことへの恐怖感から準備を進め、外出はチーフマネージャーにはすべて報告したという。

「僕としては不要不急でした」とまさかの言い間違いで否定し、自分の行動を正当化。相手は医療従事者の先生だった。お世話になっているというからには気心が知れているはず。なぜか「女性を連れていく」と言われ、自分も女性を同伴にしたと悪びれない。自分の考えに合わず、都合が悪いことは否定し、自分の考えを強めていく「バックファイア効果」という傾向が、彼の発言の中に見え隠れする。

「うつされたらめんどうくさいから」と連れていったのは「しっかり家にいた人」。いや、そんな人を連れ出してはダメだと思うが……。そういう常識的な判断も、自分がうつす可能性も考えていない。そう口にできるのは、この女性が気軽に気楽に誘える相手、いわゆる“手越ガールズ”の一人だからなのか。会見中、自分のことを“僕”と言っていた手越氏が、この時だけは“俺”という一人称を使っていた。

その6)「ちゃんと目と目を見て、会って話すというのが必要」

 メンバーに退所を伝えたかという質問に、「会見が終わった後に」と真っ直ぐ前を向いて言い切った彼。弁護士がついたため連絡が取れずにいたが、LINEなどではなく目を見て話すべきと言うのは至極当然のこと。今回の外出についても、Zoomやテレビ会議ではなく目を見て話すのが絶対に必要だったと主張。

 だが、世界進出の話では「この1~2カ月、アメリカに強いハブがある人とZoomで打ち合わせしたり、Zoom会議をしたり」と語っていただけに、目を見て話す必要性が腑に落ちなくなる。嘘がつけないというから、この矛盾に気がついていないのか、それとも距離的、物理的な問題からそうせざるをえなかったと正当化するのか。手越流の答えを聞いてみたかった。

さすが“破天荒・手越祐也”と言わざるを得ない会見だった

 そんなこんな重箱の隅を突っつくように違和感やら矛盾点やらを探していくと、あれこれ出てくるのだけれど、2時間たらずの会見を疲れも見せず感情的になることもなく、それでいてエネルギッシュにこなした彼は、さすが“破天荒・手越祐也”と天真爛漫に名乗るだけのことはあった。

(岡村 美奈)

あわせて読みたい

「手越祐也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  5. 5

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  6. 6

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  7. 7

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    北方領土めぐる首相の政策は失敗

    原田義昭

  10. 10

    雅子さまの渡航めぐる発言に共感

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。