記事

独6月IFO業況指数は86.2、過去最大の上昇 回復裏付け


[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が発表した6月の業況指数は86.2と前月の79.7(改定値)から上昇した。上昇幅は過去最大となり、独経済が新型コロナウイルスの打撃から回復しつつあることが示された。

ロイターがまとめたエコノミスト予想(85.0)も上回った。

IFOのレメンス・フューストIFO所長は声明で「現状に対する企業の評価がやや改善し、期待感も大幅に高まった」とし「トンネルの先に光が見える」と評価した。

6月の現況指数は81.3と市場予想の84.0を下回ったが、期待指数は91.4と予想(87.0)を大幅に上回った。

IFO経済研究所のエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は独経済の見通しについて、第2・四半期は2桁のマイナスとなるが第3・四半期は成長軌道に戻るとの見方を示した。

IFOは第3・四半期の成長率を7%前後と予想している。

ボールラーベ氏は「景気は底打ちした。最悪期は過ぎ、状況は再び上向いている」と述べ「輸出見通しは大幅に改善した」と指摘した。

デカバンクのエコノミスト、アンドレアス・ショイルレ氏は「独経済は金融・財政両面の大規模な支援と感染第2波が起こらないことを当てにしている」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。