記事

独6月IFO業況指数は86.2、過去最大の上昇 回復裏付け


[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が発表した6月の業況指数は86.2と前月の79.7(改定値)から上昇した。上昇幅は過去最大となり、独経済が新型コロナウイルスの打撃から回復しつつあることが示された。

ロイターがまとめたエコノミスト予想(85.0)も上回った。

IFOのレメンス・フューストIFO所長は声明で「現状に対する企業の評価がやや改善し、期待感も大幅に高まった」とし「トンネルの先に光が見える」と評価した。

6月の現況指数は81.3と市場予想の84.0を下回ったが、期待指数は91.4と予想(87.0)を大幅に上回った。

IFO経済研究所のエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は独経済の見通しについて、第2・四半期は2桁のマイナスとなるが第3・四半期は成長軌道に戻るとの見方を示した。

IFOは第3・四半期の成長率を7%前後と予想している。

ボールラーベ氏は「景気は底打ちした。最悪期は過ぎ、状況は再び上向いている」と述べ「輸出見通しは大幅に改善した」と指摘した。

デカバンクのエコノミスト、アンドレアス・ショイルレ氏は「独経済は金融・財政両面の大規模な支援と感染第2波が起こらないことを当てにしている」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  3. 3

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  4. 4

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  5. 5

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  6. 6

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  7. 7

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  8. 8

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  9. 9

    「反ワクチン」言説は支持しません。が、Amazonなどからの一斉排除はいささかの懸念が残る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月21日 08:18

  10. 10

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。