記事

新型「キックス」、日産がようやく日本に帰ってきた

日産自動車は24日、コンパクトSUV「キックス」の発表会をオンライン上で行いました。「キックス」は、日産にとって日本市場では10年ぶりのブランニューモデルとなります。ようやく日産が日本に帰ってきたといえそうです。

※日産の新型「キックス」

新型「キックス」は、日産独自の電動パワートレーン「e‐POWER」を全車に搭載するほか、日産の運転技術「プロパイロット」、エマージェンシーブレーキ、踏み間違い防止機能の3つを搭載した日本独自仕様です。

低迷している日本市場を立て直すための重要車両であることは間違いありません。

振り返ってみれば、日産は90年以降、グローバル投資を優先し、ゴーン体制になってからは、日仏連合で世界販売1千万台の大台を目指して、販売台数を優先する拡大路線を敷いてきました。

いきおい、日本向けの新車開発はとどこおり、2011年以降は新車発売が大幅に減っていました。日本市場軽視ですね。

新社長の内田誠氏は、5月28日に発表した事業構造改革計画「日産NEXT」の中で、日本、中国、北米をコアマーケットとし、日本国内にあらためて力を入れると宣言しました。

それだけに、久々の新型車となる「キックス」には、大きな期待がかかっています。

「価格が200万円台であることからも、日本市場で主力のクルマになる」と、星野氏は新型「キックス」への意気込みを語りました。

今回のオンライン発表会は、横浜のグローバル本社、デザインセンター、先進技術開発センサーの3か所を中継して行われました。自動運転技術や電動化技術など、日本発の技術で日産の再生を牽引したいという思いのあらわれでしょう。

また、星野氏はオンライン会見で、「このままで、終われるか」という新型「キックス」の広告を大写しにし、日産の反転攻勢の意思を強調しました。

日産は、2023年度までに日本で新たに電気自動車2モデル、e‐POWERモデル4車種を投入する計画です。

日産は日本市場を立て直せるか。新型「キックス」は、その試金石になりそうです。

あわせて読みたい

「日産自動車」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  2. 2

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  3. 3

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  4. 4

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  5. 5

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  6. 6

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  7. 7

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  8. 8

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  9. 9

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  10. 10

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。