記事

オリンパス、デジカメの映像事業をファンドに売却へ 医療に集中


[東京 24日 ロイター] - オリンパスは24日、デジタルカメラやICレコーダーを扱う映像事業を、日本産業パートナーズ(JIP)が管理・運営するファンドに売却すると発表した。同事業は2020年3月期まで3期連続で営業赤字となっており、事業の選択と集中を進める。今後は、内視鏡を中心とした医療事業に資源を集中していく。

映像事業を会社分割などで新会社に承継させ、JIPに新会社の株式を譲渡する。具体的な内容は、9月30日までに締結する予定の最終契約で決定する。年内の取引完了を目指す。

オリンパスは取引完了に向けて同事業の構造改革を進め、黒字化が見込める事業構造とした上で分社化する。構造改革費用は精査中。JIPへの譲渡後も、新会社が構造改革後の研究開発・製造体制やオリンパス製品のカスタマーサポートを継続する。

オリンパスのデジカメの売上高は最盛時には3000億円規模に達していたが、足元のデジカメ市場はスマートフォンやタブレット端末などの進化によって急激に縮小している。生産拠点の再編などコスト構造の見直しや収益性の高い交換レンズを強化するなど収益構造の改善を図ったが、JIPによって事業展開することが同事業の自律的で持続的な成長につながると判断した。

同事業は1936年の製造販売開始から84年の歴史がある。ハーフサイズカメラ「オリンパス・ペン」や、世界初のマイクロカセットテープレコーダー「ズイコーパールコーダー」、ミラーレス一眼カメラ「オリンパスOM─Dシリーズ」などを販売してきた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。