記事

都知事選、始まる。の巻(雨宮処凛)

1/2

 都知事選が始まった。

 そんな中、小池百合子都知事について書かれた『女帝 小池百合子』が話題だ。

 私も読んだが、非常に興味深い一冊だった。小池氏の容姿(主にあざ)やその親の「ヤバさ」などの記述については「赤の他人がこういう書き方をしてしまっていいのだろうか……」とひっかかる部分はあったものの、「男社会の中でのし上がってきた上昇志向全開の女性」のストーリーとしてはあまりに出来すぎていて、読みながら「これが小説だったらどんなにいいだろう……」と何度も思った。

 そう、フィクションではなく、現在の東京都知事の物語であるというところが、問題なのだ。

 本書では、社会的弱者に冷淡な小池都知事の姿が繰り返し描かれるのだが、その経歴を合わせて考えると、「弱者に冷淡になるのは当然だろうな」とも思う。ある意味、究極の、崖っぷちの「自己責任」でのし上がってきた人だ。

 そして今、権力を持つ立場にある人には、そんな「のし上がり系」か、「生まれながらに恵まれた二世、三世」くらいしかいないのが、この国の最大の不幸である。

 前者は社会的弱者に「自分はこんなに頑張ってきたのだ」という思いがあるからこそ冷淡で、後者はそのような人々とのかかわりが絶無であるがゆえに、ナチュラルに冷淡だ。

 さて、18日に始まった東京都知事選には、小池都知事とは対象的な「弱者の味方」と言われる人が出ている。しかも2人もだ。

 一人は元日弁連会長で弁護士の宇都宮健児氏。もう一人は前参議院議員で「れいわ新選組」党首の山本太郎氏だ。

 毎日のように、「どっちを応援してるの?」と聞かれる。日々、引き裂かれるような思いの中にいるのも事実だ。が、両氏は私にとって心からリスペクトする2人でもある。そして2人とも、今、正々堂々と戦っている。

 決して相手のことを悪く言ったりなどせず、最大限の敬意を示しながら。そんな姿勢を見習い、私から見た両氏について、書きたい。

 まずは宇都宮健児氏。

 2007年、「反貧困ネットワーク」を結成した頃からともに運動を続けてきた仲である。

 結成当初、宇都宮氏は「代表」で、私は長らく「副代表」をつとめてきた。現在は体制が代わり、宇都宮氏は「代表世話人」、私は「世話人」となっている。他にも「公正な税制を求める市民連絡会」でも、ともに共同代表をつとめている。

 そんな宇都宮氏は言わずと知れた「弱者の味方」。サラ金、闇金などの問題に取り組み、長年闘ってきた人である。いつもニコニコしている優しげな雰囲気からは想像もつかないが、「社会の巨悪」とは徹底して闘うという、「弱きを助け、強きをくじく」を地でいく人だ。

 宇都宮氏と私はもう13年の付き合いになるわけだが、私はこの人がイライラしたり、ハラスメント的な言動をしているところを一度も見たことがない。これってなかなかすごいことだと思う。宇都宮氏は現在73歳。

 その世代の男性と長年接していると、どうしたってそういう部分が垣間見えるものなのに、それが一切ない。しかも私は相手にとって「年下の女性」だというのに。

 ちなみにこれまで、宇都宮氏と同世代の元活動家男性なんかにはもろもろ「被害」を受けてきた。例えばものすごい「反天皇」なのに無茶苦茶に家父長制的な価値観で男尊女卑なんて人はよくいるし、パワハラ、セクハラ的な言動も当たり前に見聞きする。

 そのたびに「あーあ」と思って距離をとってきたのだが、私が反貧困運動をこれほど長く続けていられる背景には、間違いなく「宇都宮さんのゼロ・ハラスメント体質」があると思うのだ。そうして運動のトップがそのような人であれば、そのコミュニティにはハラスメントが入る余地がなくなる。

 逆にトップがハラスメント体質だと、暴力が連鎖するような形でハラスメントは蔓延するだろう。

 それにしても、宇都宮氏はそんな時代を先取りした感覚をどこで体得したのだろう? ハラスメントのなんたるかをわかろうともしない年配の国会議員や経営者たちは、宇都宮氏に弟子入りしてほしいくらいだ。

 宇都宮氏は会議や打ち合わせなどで持参した「アンパンと牛乳」を食べていることが多いので、宇都宮氏が初めて選挙に出た際にはそんなエピソードも披露したのだが、最近見たテレビでは、定番が「アンパンと牛乳」から「鮭のおにぎりと牛乳」に変わっていることを知った。

 おにぎりと牛乳、合うのかな……? しかし、宇都宮氏の「足腰の強さ」は、毎日の牛乳からくるのかもしれない。

 さて、次は山本太郎氏。

 出会ったのは、12年頃。当時は「原発反対」一直線、ど直球で常に前のめりな人だった。

 あの頃の太郎氏と今の太郎氏が、なんだか同一人物だとはとても思えない。とにかく、この数年で激変した。参議院の6年間で、死ぬほど勉強した。そこで培った勉強のコツを生かし、今も最新情報を日々更新している。

 そんな山本太郎氏のエピソードもたくさんあるが、特筆したいのは太郎氏は15年から毎年、年末に都内の炊き出し現場を回っていることだ。渋谷、池袋、山谷、そして横浜寿町。炊き出しとは、ホームレス状態などの人に食事を提供する場のことだ。

 生活相談や医療相談もやっている。この4年間、太郎氏は年末の年越しそばを山谷の路上でおじさんたちと立ったまま食べている。

 そんな現場に毎年行くようになったのは、最初に行った15年の経験が大きいと私は見ている。池袋の炊き出しに並んでいた30代と40代の男性の支援に同行したのだ。両者とも、それぞれひと月ほど前に野宿生活となっていた。

 地方で失業し、東京に職探しに出てきた果てに所持金が尽きたというパターンだった。途方に暮れてそれぞれがやってきた炊き出し。そんな2人を支援者はその日のうちに個室シェルターに案内し、公的な支援につなげた。

 ついさっきまで所持金もなく真冬の東京で凍えていた二人は、魔法のように救われ、なんだかぽかんとしていた。そんな様子を見て、太郎氏は心からシビれた様子だった。炊き出しに、そして支援者に出会えなければ大晦日の路上で凍死していたかもしれない2人。

 そういう現実が本当にあることに衝撃を受け、以来、年末は必ず手伝いに行っている。

 そんな経験は、コロナ禍でも生かされている。例えばコロナ不況の中、東京では目に見えてホームレス状態の人が増えているが、太郎氏はそのような人に声をかけ、相談会や支援団体の情報を伝えたりしている。

あわせて読みたい

「都知事選2020」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    障害者マークのデザイン招く誤解

    古谷経衡

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。