記事

ユーロ圏の堅調な指標、必ずしも良い目安にならない=レーンECB専務理事


[フランクフルト 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のチーフエコノミストであるレーン専務理事は24日、ユーロ圏経済について、新型コロナウイルス危機からの回復には長い時間がかかると予想、ここ数日の一連の堅調な指標は、必ずしも景気回復の良い目安にはならないと述べた。

同専務理事は、経済活動の再開に伴い、目先の成長指標は大幅に改善するだろうが、経済は極めて大きく縮小しており、経済活動は長期にわたって危機前の水準を大幅に下回ると予想。初期の回復の規模は良い目安にならないかもしれないと述べた。

同専務理事は講演で「欧州連合(EU)の復興基金を巡る交渉の結果が、ユーロ圏経済の今後の道のりを決める上で重要な要素となる」とも述べた。

EUは7500億ユーロ(8470億ドル)規模の復興基金を巡る交渉を進めている。

同専務理事は「所得の減少と用心のための貯蓄が、引き続き消費の重しとなっている」とし「需要低迷に加え、供給面の制約が続いており、社会的距離を確保する規制も導入されている。こうした要因が、経済活動の正常化を妨げている」と述べた。

ECBには景気回復を下支えする決意があり、利下げも辞さないが、長期国債利回りが事実上、利下げに反応しなくなっており、効果が期待できない可能性があるという。

同専務理事は「市場の正常化が進み、中期のインフレ見通しで正当化できれば、将来、利下げに踏み切る用意があるが、状況を踏まえれば、現状では資産買い入れのほうが効果的な手段だとの判断に傾く」と述べた。

また、原油価格の急落のために一部で予想されるマイナスのインフレ指標は回避できるとの自信を強めていると指摘。「われわれが取っている措置は財政措置とともに、インフレをプラス圏にとどまらせるだろう」とし、「われわれはマイナスのインフレが回避できることを一段と楽観しているかもしれない」と述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  2. 2

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  7. 7

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  8. 8

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  9. 9

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  10. 10

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。