記事

時間メリットあるはずのテレワークで起こる“働きすぎ”“残業申告せず” SNS上でも悲痛な声


 内閣府が1万人を対象にした調査で、全国で34.6%の人が経験したという「テレワーク」。東京23区では通勤時間が大幅に減少したという人が3分の1にのぼるなど、時間的なメリットが大きい働き方とされてきた。

【映像】“テレワーク残業”にSNSで悲痛な声

 しかし、別の調査で明らかになったのが「通常勤務より働きすぎている」人が多くいるという現実。連合が行った調査によると、「通常勤務よりも長時間労働になることがあった」と答えた人が51.5%と半数を超えた。

 さらに、「残業代の対象となる時間外・休日労働を行った」人は38.1%。このうち、「勤務先に申告しなかった」人が65.1%で、申告したのに「勤務先に認められないことがあった」人が56.4%いた。


 SNSでも、「テレワークになって、確実に残業が増えている。通勤時間がないから制限がない」とテレワーク残業に困惑する人の声が上がっている。さらに、「テレワークは残業が捗るな~ おそらくこんな時間に残業しても認めてもらえないだろう」という午前1時のつぶやきも。

 連合の調査によると、残業時間を申告しなかった主な理由として「申告しづらい雰囲気だから」(26.6%)などがあげられ、中には「上司に申告するなと言われたから」という人もいたという。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークを導入せざるを得なかった企業が相次ぐ中、新しい働き方に向けた労働時間の管理に関するルールづくりが迫られている。
(ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

映像:テレワーカーが怯える“潜在的テレハラ”

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。