記事

タイ中銀、政策金利を予想通り据え置き 成長予測を下方修正


[バンコク 24日 ロイター] - タイ中央銀行は24日、主要政策金利の翌日物レポ金利を過去最低の0.50%で据え置いた。ただ、新型コロナウイルスの流行を理由に今年の経済成長予測を下方修正した。

金利の据え置きは全会一致で決定。中銀は今年に入り3回の利下げを実施している。

ロイター調査では、エコノミスト20人中17人が据え置きを予想、3人が25ベーシスポイント(bp)の利下げを予想していた。

中銀は今年の経済成長率をマイナス8.1%と予測。3カ月前の予測はマイナス5.3%だった。

タイは段階的に経済活動を再開しているが、製造業や観光業が夜間外出禁止令や国境封鎖で打撃を受けた。今年は過去最大のマイナス成長となる可能性がある。

中銀の金融政策委員会は「年明け以降の追加金融緩和や追加で発表された財政・金融・信用面の対策が悪影響の緩和に寄与しており、感染収束後の景気回復を下支えし、物価目標の達成を促し、金融不安のリスクの削減するとみられる」と表明した。

中銀は第2・四半期の経済成長率が2桁のマイナス成長になると予測。バーツ高が景気に悪影響を及ぼす可能性があると指摘した。市場を注視し、適切な追加措置が必要かを判断するとしている。

中銀は昨年8月以降、5回の利下げを実施しており、エコノミストの間では、今回厳しい景気見通しを示したにもかかわらず、利下げを見送ったことから、追加利下げの可能性は低いとの見方が出ている。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ガレス・レザー氏は「今後数カ月は、需要を支えるために、どのような非伝統的措置を講じられるかを重視する可能性が高い」と述べた。

中銀は今年の輸出を10.3%減と予測。従来予想は8.8%減だった。

今年の外国人観光客は80%減の800万人になる見通しという。

来年の経済成長率予測は5.0%。3月時点の予想3.0%から上方修正した。

今年の総合インフレ率はマイナス1.7%となる見通し。従来予想はマイナス1.0%だった。中銀の目標レンジは1-3%。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  5. 5

    河村市長がトヨタ自動車の抗議に態度一変 企業城下町の恐ろしさ

    猪野 亨

    08月06日 08:43

  6. 6

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  7. 7

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  8. 8

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  9. 9

    74年間一度も改正されていない日本国憲法 「決められない日本人」の象徴

    篠田 英朗

    08月05日 14:16

  10. 10

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。