記事

小池百合子、吉村洋文知事 2人の首長に総理の資質はあるか

彼女を描いた本もバカ売れ(時事通信フォト)

すぐにキレる癖が気になる(時事通信フォト)

「一強総理」の重石が取れると、自民党では安倍首相のイエスマン、面従腹背でチャンスを狙っていた者、何度挑んでも勝てなかった政治家たちが“待ってました”と次の首相レースに名乗りを上げ始めた。そこには石破茂氏、岸田文雄氏、河野太郎氏らの名前が挙がる。

【写真】バックは府の基金協力呼びかけパネル、ジャケットには万博や大阪マラソン、ミズノ社のロゴを入れた吉村知事

 だが、果たして彼らはポストコロナの時代に必要なリーダーの資質を備えているのか。政治の裏表を知り尽くしたOB議員、政治学者、ベテラン記者が実名で「この政治家だけは次の総理にしてはいけない」と突きつける。

 コロナ対策で「評価するリーダー」として首相や閣僚を上回る評価を集めている2人の知事の評価はどうか。

“すべてが小知恵”小池百合子・東京都知事

「都知事くらいが限界だ。環境大臣のときのクールビズとか着想は面白いんだけど全部小知恵なんだよ。水俣病問題解決のために私も特命で呼ばれていい案をまとめたが、実行できなかった。今回のコロナ対策も都知事としての立ち回りはそこそこできたが、小股すくいくらいなもの。総理としての四つ相撲ができる器ではない」(評論家・屋山太郎氏)

 真の“女帝”への道は険しいか。

“すぐにキレて攻撃的”吉村洋文・大阪府知事

「今のような不安な時代には発信力のあるリーダーは受ける。しかし、それだけで総理としての力量、能力を測るべきではない。吉村氏に指摘すべきは“発火点”が低すぎること。すぐにキレ、相手を強く攻撃する。この手法が成り立つのは知事が大統領的な権限を持つからです。

 議院内閣制の総理大臣はそうはいかない。チーム全体で政治を行ない、反対意見の相手にも攻撃ではなく話し合いで合意を図らなくてはならない。かつての小泉純一郎首相は発信力があったが、議院内閣制を十分理解して政治運営をしていた。そうした手法が吉村氏にはないため総理を任せたくないと考えます」(政治学者の岩井奉信・日本大学法学部教授)

※週刊ポスト2020年7月3日号

あわせて読みたい

「吉村洋文」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    飲食店の酒提供に対し小刻みな制限をかける小池都知事 科学的根拠はあるのか

    深谷隆司

    06月20日 16:18

  2. 2

    【驚愕】自民党系の横浜市長選候補者がカジノ反対へ

    木曽崇

    06月20日 11:57

  3. 3

    やはり世代交代ですね。小此木さんの横浜市長選挙への転進にエールを送る

    早川忠孝

    06月20日 17:30

  4. 4

    戦争映画としての「閃光のハサウェイ」

    諌山裕

    06月20日 09:58

  5. 5

    元トップAV女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

    文春オンライン

    06月20日 16:01

  6. 6

    容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ” 青木さやかさんインタビュー #2 - 西澤 千央

    文春オンライン

    06月20日 13:30

  7. 7

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  8. 8

    山手線が全線で運転再開

    ABEMA TIMES

    06月20日 22:24

  9. 9

    『閃光のハサウェイ』ヒロインの作画が驚異的! とにかく丁寧に作られた映画だった

    キャリコネニュース

    06月20日 14:29

  10. 10

    「生き残りたかったら、営業の仕事をしろ」技術者にも求められる交渉能力

    佐藤知一

    06月20日 17:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。