記事

コロナより恐ろしい米露中朝「核のリスク」 - 名越健郎

1/2
2011年2月、ラブロフ露外相(左)とクリントン米国務長官(当時、右)が批准書を交換して新STARTが発効。「核なき世界」へ向けて一歩踏み出したように見えたのだが……(C)AFP=時事

 国連軍縮部門トップの中満泉国連事務次長が英誌『エコノミスト』(6月20日付)で、

「核の恐怖が高まっている。偶発かどうかはともかく、核爆発が起きるリスクは冷戦がピークだった時以来、最も高い」

 と警告した。中満次長は、冷戦期や冷戦後に見られた軍縮や軍備管理の枠組みが損なわれていることに危機感を強めている。

 スウェーデンの「ストックホルム国際平和研究所」(SIPRI)も6月15日に公表した年次報告書で、核兵器を保有する米露中英仏、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮の9カ国が核兵器近代化を進める一方、軍備管理交渉の見通しは暗いとし、国際戦略環境が一段と悪化していると警告した。

 戦略環境悪化の背景には、新型コロナ禍に伴う自国優先主義やグローバル化の後退、米中対立の激化もありそうだ。

 こうした中で、米中露3国は核戦力近代化を進め、核兵器使用のハードルを徐々に引き下げており、「核のリスク」が高まりつつある。

「バイデン政権」なら「新START」延長も

 トランプ米政権下では、米ソ中距離核戦力(INF)全廃条約破棄、領空開放(オープンスカイズ)条約からの脱退、イラン核合意離脱、米朝核交渉の不調などにより、世界の戦略環境が悪化したが、次の焦点は米露新戦略兵器削減条約(新START)の取り扱いだ。

 ドナルド・トランプ大統領は当初、米露両国の配備核弾頭の上限を1550発に抑えることをうたった新STARTについて、「バラク・オバマによる悪い条約だ」などと破棄する意向だったが、その後「中国が参加しないと意味がない」とし、中国を加えて3カ国で交渉を行う意向を示した。

 しかし、中国は参加を拒否しており、条約の延長は不透明だ。

 米露は6月22日にウィーンで、条約延長問題などを協議する高官協議を開き、技術作業部会を設置し、対話を継続することを決めた。交渉に先立ち、米首席代表のマーシャル・ビリングスリー軍縮担当大統領特使は、

「米国は中露に新たな軍拡を挑む気はないが、米国が冷戦に勝利したのと同様に、彼らを打ち負かす用意がある。米国は勝利する方法を知っている」

 と強調。ロシア代表のセルゲイ・リャブコフ外務次官は、「米露関係の現状は過去数十年で最悪であり、われわれは米国を一切信頼していない。軍備管理分野は負のスパイラルに陥っている」と述べていた。従来の軍縮交渉ではあり得ないけんか腰の姿勢だった。双方は次回協議の開催では合意したが、

「米国の立場に変化は一切なかった」(リャブコフ次官)

 とされ、条約延長は容易ではない。

 期間10年の同条約は来年2月5日で期限切れとなり、双方がそれまでに合意すれば、最大5年間延長できる。ただ、トランプ大統領が延長を拒否しても、11月の大統領選で民主党のジョー・バイデン大統領候補が勝利すれば、来年1月20日の就任式後にロシアと延長合意することは可能だ。

 その場合、短期間に新政権の核戦略を固める必要がある。外交の影響力を持つ上院の共和党支配が続くなら、妨害を受けそうだ。

 仮に、昨年のINF全廃条約の破棄に続いて、新STARTが失効すれば、軍備管理軍縮分野は半世紀ぶりに無条約状態となり、核軍拡競争が野放しとなりかねない。

米は「使える核」を重視

 トランプ大統領は2016年の大統領選で核削減方針を掲げていたが、就任後は一転して国防予算をオバマ時代より15%増額し、核兵器近代化を進めた。

 国防総省は2018年の「核戦略見直し」(NPR)で、ロシアや中国の核の脅威が増大し、安保環境が変わったとし、米国の核兵器を「近代化、多様化」させる方針を打ち出した。

 NPRは特に、核兵器を小型化し、破壊力を意図的に減らすことで、指導者が核兵器使用の心理的障害を低くすることを想定している。いわゆる「使える核」の開発である。

 さらに、トランプ大統領は今年2月に発表した2021年度予算教書で、新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)、宇宙兵器、新型中距離ミサイル、極超音速兵器などの開発を進め、関連予算を大幅に増額するとした。

 米メディアによれば、トランプ政権は5月に核爆発を伴う地下核実験の是非を協議したという。地下核実験を実施すれば、1992年以来となる。オバマ前政権が核戦力を軽視したのに対し、トランプ政権は一転して核戦力重視に転換したことが分かる。

 トランプ大統領は選挙戦中、「過激派組織『イスラーム国』の対米攻撃には、核で反撃する」と述べたり、外交顧問に、

「核があるのに、なぜ使わないのか」

 と質問していた。「戦略核3本柱」の内容を知らず、無知をさらけ出したこともあった。公職や軍務の経験がなく、気まぐれな性格のトランプ大統領が、「使える核」のボタンを握ることには不安が付きまとう。

あわせて読みたい

「核兵器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  5. 5

    臨時国会逃げる政府 終焉近いか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  9. 9

    うがい薬巡る不正確な報道に苦言

    青山まさゆき

  10. 10

    イソジン効果「期待しない方が」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。