記事

ノーマスク、ノーディスタンシング

1/2

暑い夏は、これからが本番。
だというのに、大部分の人がマスクをしている。
同調圧力の怖さというか、周りに合わせないと不安なのだろう。

マスクをする理由はなにか?……といえば、

飛沫を飛ばさないため。

……という1点のみ。
ただし、それも感染者に限った話。

マスクをすることで、感染予防にならないことは、専門家も指摘している。なぜなら、浮遊しているわずかな飛沫を吸うことで感染する可能性は低いからだ。新型コロナは、空気感染することはないと、否定されている。

おもな感染経路は、ウイルスが付着した手摺りやテーブルなどに触れた手指で、口、鼻、目をこすることでウイルスを取り込む接触感染だ。リスク回避でいえば、マスクより手袋をする方が重要なはず。

飛沫が飛ぶのは、くしゃみや咳をする場合。それと、おしゃべりをするとき。くしゃみや咳が出そうになったら、ハンカチで口を覆えばいい。もともとの咳エチケットでは、そういう理屈になっていたではないか。四六時中マスクをする必要はない。

おしゃべりは、人が多いところではしなければいいのだし、どうしても会話が必要な場合は、ヒソヒソ声ですればいいだけ。声を出さなくてもいい、手話が流行っているともいう。いずれにしても、四六時中マスクをする必要はない。

人と人との距離を取る、ソーシャルディスタンシングは半径2メートルが目安とされている。

この目安というのがくせ者で、2メートルなら安全というわけではない。これは恣意的な目安であって、科学的エビデンスに基づくものではない。科学的エビデンスは3メートル以上である。

そして、「ソーシャルディスタンシングはマスクをしている場合は必要ない」と、専門家は明言している。ソーシャルディスタンシングは、マスクしていない場合の飛沫が飛ぶ距離を開けるのが目的だからだ。

つまり、マスク+ソーシャルディスタンシングという二重の措置は必要ないのだ。それなのに、なぜか両方を強制している。

マスクにリスクについての記事をいくつか。

コロナ禍の夏、黒マスクにご用心 白マスクより太陽光の吸収性高く熱中症リスク上昇 : スポーツ報知

医療や福祉の専門家らが参加する「教えて!『かくれ脱水』委員会」の服部益治委員長によると、マスク着用による熱中症リスクは2点ある。一つは体温調節の妨げになること。鼻や口をマスクで覆うことにより、体の熱が逃げにくくなる。もう一点は感性の鈍化。口の中で湿度が保たれ、脳が水分がある状態と誤認識し、無意識のうちに脱水が進行してしまう。

そして厄介なのが、熱中症がコロナの初期症状と酷似している点だ。その場での判断が難しく、医療機関の混乱は必至だという。また、コロナ禍前までは白い不織布マスクが“一般的”だったが、今やお手製やカラフルなものなど、ファッション的な側面もうかがわせる。服部委員長は「おしゃれな人は熱中症に要注意。黒はなるべく避けた方がいい」と話す。

 白がすべての光を反射させるのと対照的に、黒は太陽光の吸収性が極めて高く、黒マスクをする場合は念頭におく必要がある。熱環境に詳しい国立環境研究所の一ノ瀬俊明さん(56)によると、気温35度の日のTシャツの表面温度は5分経過で、白色はほぼ不変。黒色は約50度まで上昇した。面積的にマスクであれば、衣服が体温に与える影響ほどではないというが、「表面温度の上昇により、不快感は間違いなく黒の方があると思う」と、体感温度などの心理的な負荷を示唆した。

新型コロナ対策のためのマスクで熱中症になると、医療機関では新型コロナとの判別がつかず、余計な負担になってしまう。これでは本末転倒だ。

それでもマスク着用を求めるなら、黒マスクは禁止した方がいいように思う。

現役医師が警告、夏マスクで増える赤いブツブツの正体 | Lmaga.jp

マスクも原因、急増する脂漏性皮膚炎

緊急事態宣言が発出した4月頃から急増しているという皮膚病「脂漏性皮膚炎」。鼻や口の周りが赤く炎症し、ブツブツができる症状だが、もともと人の肌に潜んでいる真菌、マラセチアが引き起こすのだとか。そのマラセチアは高温多湿な状態で増殖。

ニキビと違って、皮脂が溜まっていなくても症状が出ることが多い。つまり肌が清潔であっても油断はできないのだ。

古谷先生いわく「脂漏性皮膚炎の相談は今も増え続けていますが、夏本番にはもっと増えるでしょう」と警鐘を鳴らす。蒸れたマスク内は脂漏性皮膚炎だけでなく、マスクとの擦れによる接触皮膚炎、さらにはニキビの増加も懸念される。

私がマスクをしない理由のひとつが、これでもある。肌が弱くて、よくかぶれるしニキビもできやすい。シャツの襟が首にあたる部分に炎症を起こしたりもする。首から上の皮膚は、手足ほどの耐性はないので荒れやすい。

ブツブツができると、それを隠すためにマスクをして、さらに悪化することも考えられる。
前述したように、飛沫を飛ばさなければいいので、四六時中マスクをする必要はない

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  6. 6

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。