記事

急増の中国原油輸入、第3四半期は減速へ 価格反発と第2波警戒


[北京/シンガポール 23日 ロイター] - 中国の原油輸入はここ数カ月、記録的な高水準に達したが、第3・四半期は原油価格の上昇や新型コロナウイルス感染の第2波到来への警戒感からブレーキがかかりそうだ。

中国の原油輸入は5月に日量1130万バレルと過去最大を記録し、6、7月も増える見通しだ。原油価格が低落した4月に購入した分が到着するため。

しかしアナリストは、8、9月の原油輸入は日量80万─130万バレルほど減ると予想している。

北海ブレント<LCOc1>の価格は、一時の1バレル=20ドル割れから40ドル超まで戻っている。また新型コロナ感染の波が再来し、始まったばかりの景気回復がとん挫することへの懸念もあって、既に原油の購入は減っている。

FGE、SIAエナジー、ライスタッド・エナジーなどエネルギーコンサルタント会社はいずれも、第3・四半期の原油輸入が前期に比べて減ると予想する。

SIAエナジーのセン・イック・ティー氏は、第3・四半期の原油輸入は前年同期比4.2%増と、第2・四半期の7.4%増から鈍化して平常の水準に戻ると予想した。

SIAエナジーによると、中国の原油在庫は6月末に11億バレルと、過去最大を記録する見通し。在庫増は輸入の減少と併せ、国際石油価格に下落圧力をもたらしそうだ。

中国国営石油大手の中国石油化工(シノペックグループ)<600028.SS> <0386.HK>傘下の製油所幹部は「新型コロナの世界的大流行で失われた分を補うため、生産を増やしたいが、本社に制止されている。製品在庫が重荷になるとの懸念が一因だ」と話した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  9. 9

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  10. 10

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。