記事

コロナ治療効果の抗炎症薬、1カ月以内に1000万錠供給可能=アスペン


[ヨハネスブルク 23日 ロイター] - 南アフリカの後発医薬品(ジェネリック)大手アスペン<APNJ.J>のサード最高経営責任者(CEO)は23日、ロイターに対し、新型コロナウイルス感染症治療で一定の効果を示したと先週発表されたステロイド系抗炎症薬「デキサメタゾン」について、1カ月以内に1000万錠を供給できると明らかにした。

英オックスフォード大の研究者らは先週、臨床試験(治験)において、デキサメタゾンを投与された重症患者の死亡率が約3分の1低下したと発表、画期的な発見だとした。

サードCEOは「必要があれば一段の生産拡大を検討するだろう」と述べた。

アスペンは南アの製薬最大手で、デキサメタゾンについては錠剤、注射薬ともに製造している。

サードCEOは、同社には世界保健機関(WHO)、国連児童基金(ユニセフ)や他の機関から注文が入っていると語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  7. 7

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  8. 8

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  9. 9

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  10. 10

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。