記事

NZ中銀、政策現状維持 必要に応じて追加措置の用意


[ウェリントン 24日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は24日、政策金利と資産買い入れ規模の維持を決定した。ただ景気リスクは下向きとの認識から必要に応じて追加措置を講じる姿勢を示した。

政策金利のオフィシャル・キャッシュレート(OCR)は0.25%に据え置いた。量的緩和(QE)策の大規模資産買い入れ(LSAP)の規模も600億NZドル(387億8000万米ドル)で維持した。

ロイターのエコノミスト調査では全員が現状維持を予想していた。予想通りの決定だったが、中銀のハト派姿勢を受け、NZドル<NZD=D4>は1NZドル=0.6500米ドルから0.6450米ドルに下げている。

中銀は会合後に公表した声明で「金融政策委員会は、必要に応じて追加の刺激措置を講じる用意がある。LSAPの拡大も含め、必要に応じて追加の金融政策ツールを利用する用意がある」と表明した。

議事要旨によると、金融政策委員会は経済のリスクは下向きと判断し、「これまで実施してきた金融刺激が、(中銀の)責務を果たすのに十分か、まだ不透明」との認識を示した。

中銀は5月に資産買い入れ規模を倍に拡大し、必要なら一段の利下げや外国資産の購入を含む追加措置を講じる用意があると表明していた。

ニュージーランドは、新型コロナウイルスの感染封じ込めに成功し、他国に先駆けて経済活動を再開した。それでも経済的打撃は大きく、第1・四半期は29年ぶりの大幅なマイナス成長を記録。政府は経済の立て直しに取り組んでいる。

中銀は資産買い入れ規模を倍増させた5月の政策会合で、将来的なマイナス金利の可能性を示唆しており、投資家の注目が集まっている。

中銀は8月の会合で今後の量的緩和策や金融政策の代替手段について説明するとした。また、NZドル相場の上昇は輸出収入へを一段と圧迫していると指摘した。

ウエストパック銀行の首席エコノミスト、ドミニク・スティーブンズ氏は、景気を巡る状況は幾分改善したものの、中銀は依然、金融引き締めではなく緩和に目を向けていると指摘した。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  3. 3

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  4. 4

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  7. 7

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  10. 10

    東京五輪「極めて異常で盛り上がらない」と舛添氏 豊洲騒動めぐり小池知事に苦言も

    ABEMA TIMES

    06月15日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。